パニック障害の初期症状を見逃さない事の大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パニック障害の初期症状を見逃さない事の大切さ

パニック障害は、身体は健康であるにも関わらず、動悸や息切れなどのパニック発作が現れる病気です。その原因はまだ解明されていない部分も多く、ストレスや心労に加え、遺伝も関係していると言われています。しかし医療が進み、適切な治療をすれば治る病気です。

 

心臓がドキドキとしてきて動悸が激しく

パニック障害の初期症状としては、心臓がドキドキとしてきて動悸が激しくなってきます。それに加え、呼吸が苦しくなり、めまいや手足に汗が出るなどの症状が現れます。これらの身体症状と共に、言い様のない恐怖感や強い不安に襲われます。この症状は発作的に現れ、10分から長くても1時間くらいで治まる事が多いです。後日病院で検査を受けても、身体的異常が見られないので、パニック障害と気付かずに治療が遅れてしまうケースもあります。

 

この発作を経験すると、発作に対する恐怖心や不安が残ります。
更には、発作が起きた場所を避けるようになったりしてしまいます。
これらもパニック障害の症状の一つなので、病気が進行する前に心療内科や精神科を受診する事をおすすめします。

 

 

パニック障害で感じる自覚症状とは

パニック障害は精神的な病気ですが、病気と診断されていない人もパニック障害独特の自覚症状が有る場合は注意が必要です。まず、この病気はストレスが主な原因となって発生しますので、ストレスが多い環境に常にいる人は要注意です。自分が思っている以上に精神はデリケートなものです。その精神の状態が不安定になると、病気が発生し易いです。

 

そして、パニック障害の自覚症状ですが、夜なかなか眠れない日が続く、胃の調子が悪く夜中にいの内容物が逆流する事がある(他の病気の場合もあります)、疲れやすく疲れが取れない、視界が狭くなる、手や足が震える、やる気が出ない、なんとなく落ち着かないけど理由が分からない、気分が悪くなる事が時々ある、貧血のようにクラクラする、首から背中辺りがとても凝っている、以上の症状が有れば、何らかの精神的な負荷が大きくなってきているかも知れません。他にも神経に関連する症状が出ますが、どれが出るかは人によって異なります。しかし、真面目な人に多い病気でも有りますので、たまには息抜きも必要と言えます。

パニック障害の初期症状を見逃さない事の大切さ関連ページ

何科を受けるべきか
パニック障害になったら何科の病院を受診したら良いでしょうか。
まず内科を受診するでしょうが、そこでは異常を見つけることはできません。
パニック障害の専門は精神科か心療内科になります。
内科の治療で効果がでない場合は受診科を変えてみましょう。
パニック障害が発症してから病院を訪れるまで
パニック障害とは、強い不安感・恐怖感が身体への症状として現れた状態です。
健康そのものに過ごしていた自分の身体にある日突然異変を感じ病院を受診する。
その変化に、まさに病名の通り心もパニックに陥るかもしれませんが、
時間がかかっても必ず治ります。
病院療法の手法について
主に過剰なストレスから社会不安などを招くことが原因となっているパニック障害に対して、
病院療法では薬が処方される場合もありますが、薬が無くなった場合の不安を考え、
原因の究明と心のケアをしっかり行って症状を緩和に導きます。
集団行動療法はグループで助け合うメリット
自己行動療法は、自分に合った恐怖場面を設定し、自分の体力にそった行動レベルを、自分のペース配分で時間をゆっくりと使って行うことができるメリットがあります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧