パニック障害の治療法について調べてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パニック障害の治し方と治療に対しての理解の必要性

 

パニック障害とは発作を伴う症状で、原因について完全に解明されているわけではありません。

 

パニック障害の発作的な症状は、長くても1時間程度で鎮まる事が多く、発作が治まった後に医学的な検査を行っても異常は発見されないケースが多いのが特徴となっています。
検査を行っても異常が見当たらないにもかかわらず、症状を繰り返し訴えるために、虚偽の申告をしているとみなされる場合もあるので、他人に理解されにくいという面を持っています。

 

パニック障害は、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れる事や、神経伝達物質の受容体の機能に異常をきたしている事が原因となっていると考えられています。
そのために、パニック障害の治し方としては、こういった脳内の物質のバランスを改善する薬物治療や、発作に対しての不安を取り除く精神療法が行われています。
薬物治療において用いられるのは、発作の抑制や、不安感の軽減を目的とした薬品が使用されており、発作の症状を緩和するのに有効な効果が認められています。

 

精神療法としては、理解されにくい症状である事を医師側が良く認識しているという事を患者に伝えて、不安を取り除くとともに、発作中に起きる症状についての理由を説明する事によって、発作が起きた場合に必要以上に不安を感じてしまう事を少なくする認知行動療法という精神療法が研究されています。

 

パニック障害は、軽度の症状も含めると2パーセントほどの人に起きる症状であると言われています。
重度の場合には、外出するのが困難となってしまうケースもあり、日常生活を行えなくなる場合もあります。
うつ病と併発する場合もありますが、パニック障害は、精神や性格に異常があるのではなく、脳内物質に問題があると考えられている事に注意する必要があります。
治療期間は長期化する場合もあるので、周囲の理解が必要となります。

 


パニック障害の治療法記事一覧

治療の流れと治療期間の過し方

パニック障害の診断は、主に心療内科にて、問診による症状の確認と、交感神経の働きの確認検査や血液検査の顆粒球数の増大などによってなされます。治療の流れとしては、安静期間を設けると共に、投薬治療を行います。最初は、患者に合った抗うつ薬の適量を見極める為、一週間おきに通院して様子を見ます。薬の効果を見極め...

≫続きを読む

 

心理療法の有効性

パニック障害とは、日常生活の中で突然、動悸が早くなり、多量の発汗や過呼吸といった「パニック発作」を主症状とする精神疾患の1つです。現在では、脳内の不安をつかさどる神経系に異常が生じることによって引き起こされる疾患と捉えられています。治療法は主に薬物療法と心理療法があります。薬物療法では脳内の神経伝達...

≫続きを読む

 

薬物療法

パニック障害の原因は心の病気と言われていましたが、脳内の神経系の以上からくる内因性の病気ではないかとも言われています。本人の気持ち次第で治るような病気ではありません。パニック障害の治療には薬物療法が使われます。薬物療法には抗不安薬と抗うつ薬が使われます。抗不安薬は不安になった時や不安が強すぎる時に飲...

≫続きを読む

 

催眠療法

パニック障害は、特に命に関わる危機に遭遇している状態にない場合にも、突然心臓が今にも破裂してしまうほどに強い動悸が起こり、手足がそれに伴い震えだし、自分の意志や力では、その状況から回復する事が出来ないほどの発作に襲われる症状です。原因には、アルコール依存や、薬物依存などの治療の上で、それらの原因物質...

≫続きを読む

 

自律訓練法

パニック障害になると、突発的に発作が起こる可能性もあり日常生活に支障を及ぼす事も多くなる為、それが更なる恐怖心やトラウマを生み出してしまい、悪循環となるパターンが増えているのも現状です。パニック障害は、自律神経失調症やうつ病との関わりも深く、これらが原因で発生する症状が引き金となることもあります。自...

≫続きを読む

 

認知行動療法

パニック障害とは、急に強い不安感を感じてしまい、頻脈や眩暈など体に異常が起きる症状の事を言います。性格や精神に問題がある事が原因ではなく、脳内物質の異常が原因となっている事が、最近の研究では報告されています。発作が激しい場合には、呼吸困難となってしまうほどの異変が起きるケースもありますが、発作が治ま...

≫続きを読む

 

薬物療法は段階的に行う

薬の量を変える時は急激に行うとうまくいかないパニック障害の薬物療法は、飲み始める時も止める時も、段階的に少しずつ行います。段階的に行うことで、副作用や薬を止めた際の離脱症状、病気の再発などが起こりにくくなります。薬物療法の第一選択薬となることの多いSSRIは、飲み始めて効果を実感できるまでに2~4週...

≫続きを読む

 

自分で出来るパニック障害の治療方法

パニック障害のある人々は、数分の間続く恐れや緊張不安など突然で度重なる心理的パニック状態に陥ります。時々パニック発作は起こり、パニック徴候は長く続く可能性があります。これらの症状はパニック発作と呼ばれ、本当に危険がないときでも災難のイメージや制しきれなくなる恐れによってパニック発作は引き起こる事があ...

≫続きを読む

 

パニック障害の特徴と治療薬

普段の生活の中で、急に胸が痛くなったり、圧迫感を感じることがあったり、ふらつきや気が遠くなる感じがする場合は、パニック障害が起きている可能性があります。神経伝達物質の働きに不調和が生じる事によって起こるパニック障害は、普段の生活の中で急に、これらの症状が出てきます。このほかの特徴としては、息切れがし...

≫続きを読む

 

パニック障害を克服できる期間とはどれくらいか

パニック障害は治る病気です、と医師は必ず言います。これは本当です。ただし、人によります。そして、治るにしても期間は個人差が有ります。では、パニック障害を克服するのにかかる期間とはどれくらいのものでしょうか。この病気は、身体的な病気と異なり、症状だけでは治る目安を言う事は医師にも難しい事です。治療は投...

≫続きを読む

 

抗うつ薬・抗不安薬を徐々に減らしていく

抗うつ薬や抗不安薬を服用しているほとんどの人は薬の量を減らしていきたいと思っているでしょう。薬を減らしていくのに大切なことは焦らないことです。少しでも早く薬を飲まなくしたい気持ちはわかりますが、急な減薬を行うと離脱症状が現れてしまいます。そればかりか薬の離脱に失敗すると薬への依存度が高くなり、止める...

≫続きを読む

 

認知行動療法がうまくいく人、いかない人

認知行動療法とは…認知行動療法はパニック障害に最も効果のある心理療法だと言われています。認知行動療法では、パニック障害に至った誤っている認知を修正させ、パニック障害を克服させる心理療法です。たとえば、満員電車に乗ると不安と動悸が起こるパニック障害の発作を起こす人がいるとします。そうすると、満員電車に...

≫続きを読む

 

薬と精神療法は治療の基本

薬で症状を軽減してから認知行動療法を行うパニック障害の治療方法には大きく分けて、薬物療法と精神療法の2つが主な治療方法としてあります。この2つの治療方法は単独で行ってもいいのですが、2つの治療方法を併用することにより、より高い治療効果を望むことができます。薬物療法薬物療法はパニック発作の症状改善に効...

≫続きを読む

 

薬物療法では難しい心理面の回復

常に前向きな思考・行動を意識するパニック障害の治療には、薬物療法がメインで行われています。しかし、薬の力では心理面の働きまでは治すことができません。薬でパニック発作がおさまっているのに、また発作が起こるのではと恐れたり、些細なことでも重く感じ、不安になったりします。パニック障害の人は、このような後ろ...

≫続きを読む

 

認知療法で不安を生む考え方を見直す

考え方を見直す方法は回復へ向かうパニック障害の患者さんには、一貫した特徴的な思考パターンが存在します。常に「不安」や「こわい」などの思いから、小さなことにも過剰反応してしまい、問題をさらに大きくしてしまいがちです。日常的に起こる、軽いめまいや少しの鼓動を感じただけでも、「またあの発作が起こってしまう...

≫続きを読む

 

行動療法で不安や恐怖を感じる場所に自分を慣らしていく

広場恐怖症に有効な、不安や恐怖を取り払う練習「認知療法」を行うことで、心にある問題点を見つけ、解決方法を見出すことができます。しかし認知療法で考え方の修正ができたとしても、それは心の中のことだけです。そのため、実際の生活する場なので不安や恐怖を感じないようにすることが必要となってきます。その際に行う...

≫続きを読む

 

体内時計のリズムを整える方法

1.起床してすぐに、朝日を浴びリセットさせる。昼と夜が逆転したような生活リズムになってしまうのは、「睡眠ホルモン」のメラトニン分泌が、とても大きく関わっています。正常な場合は夜中にメラトニン分泌が最大になるのですが、パニック障害の人では夕方にその分泌ピークがおとずれます。さらには健康な人よりも分泌量...

≫続きを読む

 

混乱しないためにもパニック発作の対処法を知っておこう

対処方法を知っておけば慌てないパニック発作というのは、パニック障害の中心にあたる症状です。今まで何も症状がなかった人に、突然パニック発作が襲ってきます。パニック発作の症状としては、名前の通り「パニックに陥ったようなとても激しい症状」です。症状に慣れない間は、「死んでしまうのではないか!」と恐怖を感じ...

≫続きを読む

 

不安な場合の「助け」になること

行動するための活力をつけてくれるパニック障害の人は、パニック発作の予防策として、不安や恐怖への対処方法を備えています。万が一に備える電車やバスなどに乗ったときは、何かあった時、すぐに逃げることができるように、ドアの近くに立つことが多く、席には座りません。また、不安や恐怖を感じた際には、自分を落ち着か...

≫続きを読む

 

依存的な患者さんへの対処方法とは

自分自身で行動できるようにするのも家族の使命パニック障害の場合は「予期不安」があるので、8割近くの人は広場恐怖症になるといわれています。広場恐怖症「すぐに逃げられない」「助けを求められない」場所や状況に身を置くことで恐怖を感じる病気です。症状が酷くなると、家から一歩も外へ出ることができなくなります。...

≫続きを読む

 

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧