運動することで薬と同じような効果が期待できる

このエントリーをはてなブックマークに追加 

運動することで薬と同じような効果が期待できる

運動を行うことで回復が早くなる

パニック障害の人の多くは、運動を避ける傾向にあります。その理由はパニック発作の激しい動悸を経験しているので、運動をすると、また激しい動悸が起こってしまうのではと恐怖が芽生えるからという人が多いようです。
そして広場恐怖症をもっていると、行動範囲がとても限定されてしまいます。そのことにより体を動かす機会が減ってしまい、運動不足により体力が低下してしまいます。いくつかの研究データでも明らかになっていますが、運動をしている人の方が、してない人よりも確実に症状の回復は早くなります。

 

ある研究データでは、1日45分のウォーキングを週3回、半年間行ったところ、抗うつ薬であるSSRIを飲んだ時と同じような効果が認められたとなっています。
別の研究データでも、パニック障害の治療方法に薬だけを使っているグループと、薬とウォーキングなどの軽い有酸素運動を行ているグループに分けて、回復の度合いを比べた場合に、運動をしている人の方が回復が早く、完治する確率も高かったと報告されています。

 

回復に運動が効果的な理由
  • セロトニンが増える

セロトニンとは、精神伝達物質で、脳内にあり精神面に大きな影響を与えます。主な働きとしては、ノルアドレナリンやドーパミンなどの精神伝達物質の暴走を抑えて、精神を安定させます。
抗うつ薬であるSSRIはセロトニンを増やすための薬ですが、運動によってもセロトニンの分泌を増やすことができます。このことから運動を行うことで薬を飲むのと同じような効果があると言われています。

 

  • 乳酸の代謝を促す

乳酸とは激しい運動などを行った際に、筋肉にたまる疲労物質のことです。また逆に運動不足でも乳酸はたまってしまいます。この乳酸はパニック発作を起こしやすくしてしまう物質です。この乳酸が増えるのを防ぐには、有酸素運動が最も効果的です。有酸素運動を行うと、乳酸をエネルギーとして使用するので、代謝が向上し疲労回復に効果をもたらします。

運動することで薬と同じような効果が期待できる関連ページ

規則正しい生活習慣を身につけよう
パニック障害は脳内のセロトニン不足が原因です。日光にあたるとセロトニンが増え、
また、朝日を浴びることで、体内時計が正常に働き、夜しっかり眠れるます。
投薬治療と規則正しい生活習慣を身に付けることで、パニック障害を完治する事ができます。
お酒やタバコに注意しよう
脳内の神経伝達物質のバランスが崩れるために発症するパニック障害では、
喫煙により予期不安や広場恐怖症の症状が強く出たり、アルコールによって症状を悪化させたり、
アルコール依存症になる場合もあるので、タバコやお酒の摂取には注意が必要です。
コーヒーのカフェインとの関係
コーヒーのカフェインは、紅茶や緑茶などよりも抽出量が多くなり、
パニック障害の誘発に関係があると言われています。規則正しい生活を心がけ、
摂取する食物や飲料にも気を配ることで、誘発を防ぐだけでなく、
様々な身体の不調も防ぐことが出来るのです。
疲労物質・乳酸を溜めない快適運動習慣
予期せぬパニック発作とそれに対する恐怖心が原因となるパニック障害ですが、
パニック発作自体の発生を抑えるには、質の良い睡眠や食事管理、
疲労物質である乳酸をためない快適運動習慣をライフスタイルに取り入れることが有効です。
パニック障害の発作時の対処方法
パニック障害は突然起きてしまう症状です。パニック障害の発作への対処法は、
自分で意識をしっかりと持つことです。周りに人がいる場合は体の
硬直を揉みほぐしながらできるだけ落ち着かせてあげるようにすることが大切です。
パニック障害に効果のあるハーブティー
パニック障害は神経伝達物質の分泌が正常に行われないためにおきます。カモミール、パッションフラワー、セントジョーンズワートのハーブティーは神経を沈静化させたり、不眠に効果があります。 薬と一緒に飲むと副作用のあるものもあります。
パニック障害のための食事療法
パニック障害は心の病気ではなく、脳の化学物質の乱れで起こります。
セロトニンを増やすことが大切です。
乳製品、卵、豆類、バナナ、レバーなどを食事でとり、脳の栄養になる果物や
精神を落ち着かせるカルシウムも意識してとりましょう。
パニック障害に効果的な栄養素とは
パニック障害という病気は、完全に治療するのが困難なケースが多いと言われています。
いつ発生するかわからない病気ですが、サプリメントなどを摂取することによって、
特定の栄養素を補うことで、ある程度は発症を防ぐことができる可能性があります。
パニック障害で妊娠時に断薬しても良いか
パニック障害という持病を持つ方が、妊娠がわかった時点で薬の
服用を迷うことは多いです。副作用が胎児に影響を与えるとの
心配からくるものですが、最近では副作用のない薬も開発されているので
断薬は医師との相談で決めてください。
パニック障害の再発率はどれくらいか
パニック障害という病気があるのを存じでしょうか。この病気は再発率が
高いということが知られています。この病気を完治するのは、
それほど簡単なことではありません。
我慢強く病院に通い続けることが治療の近道だといってよいでしょう。
不安が原因の食生活の乱れを改善する
食事は生活の中でとても重要な内容です。食事が不規則だと、体内時計のリズムが乱れてしまい、パニック障害の人は、過敏性腸症候群に似たような腸の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。
過食などの食生活を改善し、生活リズムを整える
パニック障害の原因は生活環境が大きく関わっている場合もあります。過食などの食生活を改善し、生活リズムを整えるようにしましょう。
リスクを回避して、ストレスを溜めない
パニック障害の症状が悪化する原因となる三大危険因子に注意しましょう。疲れ、寝不足、体調不良、ストレスなどに注意する必要があります。
患者さんを理解することが助けるポイント
パニック障害の患者さんのことを理解することが助けるポイントとなります。
恋愛は、パニック障害にどう影響するか
心の病気を抱えている人が、恋愛や結婚をした場合に、大きな影響があるとされています。そのなかのパニック障害を見ても、いくつかの問題が生じる可能性があります。
余裕を持ってケアを行う
パニック障害の人にとっては、家族が一番の身近な頼れる存在なので、ケアをしてもらう中心人物になります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧