疲労物質・乳酸を溜めない快適運動習慣

このエントリーをはてなブックマークに追加 

疲労物質・乳酸を溜めない快適運動習慣

 

パニック障害は、予期せぬパニック発作に度々襲われ、そのことへの激しい恐怖を持ち、本人の精神状態や行動様式が恐怖に支配されることによって起こります。
パニック障害の解消には、まず病の正しい知識を得ることが肝要です。

 

パニック発作の発生メカニズムや、その発作をパニック障害という病へと変えている恐怖に根拠がないことを知る必要があります。
そしてさらに、パニック発作自体の発生を抑えるライフスタイルを身に付けることもできます。
パニック発作を生じにくくするライフスタイルを身に付けるにあたり、何か特別な注意が必要なわけではありません。

 

良い睡眠を取る、煙草やカフェインやアルコールなどの刺激物の摂取を控える、血圧の極端な高低変化を起こす食品(過度に糖分・油分を含む食品など)を控える、定期的に適度な運動を行うなど、一般的にも推奨されている健康管理で充分なのです。
これらのうち、食事や刺激物などに関しては「控える」という我慢をともない制限を行うライフスタイルですが、適度な運動に関しては能動的に楽しんでもいける習慣です。

 

適度な運動は心身の緊張緩和だけではなく、ストレスの解消にも良いため、運動不足の現代社会ではぜひライフスタイルに取り入れるとよいでしょう。
ただパニック障害の方が運動をライフスタイルに取り入れる場合、息が切れるような強度の強い、激しい運動には気を付ける必要があります。

 

当人が爽やかな気分となれる適度な有酸素運動が特に推奨されています。
有酸素運動でもそれまでのライフスタイルであまり運動を行っていないと、強い筋肉疲労を生じることもあります。
この疲労の正体は、筋肉にたまる疲労物質である乳酸です。翌日に疲れを残さぬようにすれば、安心して爽やかな気分で定期的な運動をライフスタイルに取り入れられるでしょう。

 


疲労物質・乳酸を溜めない快適運動習慣関連ページ

規則正しい生活習慣を身につけよう
パニック障害は脳内のセロトニン不足が原因です。日光にあたるとセロトニンが増え、
また、朝日を浴びることで、体内時計が正常に働き、夜しっかり眠れるます。
投薬治療と規則正しい生活習慣を身に付けることで、パニック障害を完治する事ができます。
お酒やタバコに注意しよう
脳内の神経伝達物質のバランスが崩れるために発症するパニック障害では、
喫煙により予期不安や広場恐怖症の症状が強く出たり、アルコールによって症状を悪化させたり、
アルコール依存症になる場合もあるので、タバコやお酒の摂取には注意が必要です。
コーヒーのカフェインとの関係
コーヒーのカフェインは、紅茶や緑茶などよりも抽出量が多くなり、
パニック障害の誘発に関係があると言われています。規則正しい生活を心がけ、
摂取する食物や飲料にも気を配ることで、誘発を防ぐだけでなく、
様々な身体の不調も防ぐことが出来るのです。
パニック障害の発作時の対処方法
パニック障害は突然起きてしまう症状です。パニック障害の発作への対処法は、
自分で意識をしっかりと持つことです。周りに人がいる場合は体の
硬直を揉みほぐしながらできるだけ落ち着かせてあげるようにすることが大切です。
パニック障害に効果のあるハーブティー
パニック障害は神経伝達物質の分泌が正常に行われないためにおきます。カモミール、パッションフラワー、セントジョーンズワートのハーブティーは神経を沈静化させたり、不眠に効果があります。 薬と一緒に飲むと副作用のあるものもあります。
パニック障害のための食事療法
パニック障害は心の病気ではなく、脳の化学物質の乱れで起こります。
セロトニンを増やすことが大切です。
乳製品、卵、豆類、バナナ、レバーなどを食事でとり、脳の栄養になる果物や
精神を落ち着かせるカルシウムも意識してとりましょう。
パニック障害に効果的な栄養素とは
パニック障害という病気は、完全に治療するのが困難なケースが多いと言われています。
いつ発生するかわからない病気ですが、サプリメントなどを摂取することによって、
特定の栄養素を補うことで、ある程度は発症を防ぐことができる可能性があります。
パニック障害で妊娠時に断薬しても良いか
パニック障害という持病を持つ方が、妊娠がわかった時点で薬の
服用を迷うことは多いです。副作用が胎児に影響を与えるとの
心配からくるものですが、最近では副作用のない薬も開発されているので
断薬は医師との相談で決めてください。
パニック障害の再発率はどれくらいか
パニック障害という病気があるのを存じでしょうか。この病気は再発率が
高いということが知られています。この病気を完治するのは、
それほど簡単なことではありません。
我慢強く病院に通い続けることが治療の近道だといってよいでしょう。
運動することで薬と同じような効果が期待できる
運動を行うことで、パニック障害の回復に大きく影響を与えます。
早期回復には運動を行うことが効果的です。
不安が原因の食生活の乱れを改善する
食事は生活の中でとても重要な内容です。食事が不規則だと、体内時計のリズムが乱れてしまい、パニック障害の人は、過敏性腸症候群に似たような腸の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。
過食などの食生活を改善し、生活リズムを整える
パニック障害の原因は生活環境が大きく関わっている場合もあります。過食などの食生活を改善し、生活リズムを整えるようにしましょう。
リスクを回避して、ストレスを溜めない
パニック障害の症状が悪化する原因となる三大危険因子に注意しましょう。疲れ、寝不足、体調不良、ストレスなどに注意する必要があります。
患者さんを理解することが助けるポイント
パニック障害の患者さんのことを理解することが助けるポイントとなります。
恋愛は、パニック障害にどう影響するか
心の病気を抱えている人が、恋愛や結婚をした場合に、大きな影響があるとされています。そのなかのパニック障害を見ても、いくつかの問題が生じる可能性があります。
余裕を持ってケアを行う
パニック障害の人にとっては、家族が一番の身近な頼れる存在なので、ケアをしてもらう中心人物になります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧