パニック障害の治療法について調べてみました

このエントリーをはてなブックマークに追加 

薬と精神療法は治療の基本

薬で症状を軽減してから認知行動療法を行う

パニック障害の治療方法には大きく分けて、薬物療法と精神療法の2つが主な治療方法としてあります。この2つの治療方法は単独で行ってもいいのですが、2つの治療方法を併用することにより、より高い治療効果を望むことができます。

 

薬物療法

薬物療法

薬物療法はパニック発作の症状改善に効果が高く、不安感を減らしてくれます。
急性期のパニック発作は頻繁に症状がおこるので、発作をコントロールすることはとても大切です。そのために、最初の治療は薬を使って症状を抑える薬物療法を用います。

 

パニック障害の治療で使用される薬は、主に抗うつ薬である「SSRI」とベンゾジアゼピン系の「抗不安薬」です。

 

メリット
  • 発作をコントロールすることができる
  • 発作を予防できる
  • 不安・うつを消す
  • 即効性がある
  • 飲むだけなので取り組みやすい
デメリット
  • 副作用が出ることがある
  • 依存症がある
  • 中止すると再発しやすい
  • 薬によっては妊娠や授乳に影響する

 

薬物療法のメリットは上記以外にも、医師の指示通りに薬を服用すれば効果があらわれやすいので、続けやすいです。しかし、薬には副作用や依存性があるので、薬の飲み方について自己判断はせずに、医師の指示に従うようにしましょう。

 

 

精神療法

精神療法は、薬物療法でパニック発作を軽減した後、認知行動療法を行うことが好まれます。

 

認知行動療法

メリット

・広場恐怖症に有効
・薬に中止したあとに有用
・副作用、依存性の心配がなく、薬に頼らない治療ができる
・効果が長くつづき再発が少ない
・やればできるという達成感が得られる

デメリット

・努力、根気、不安に直面することに耐える力が必要
・急性期の強い不安には効果が乏しい
・専門家・医療機関が少ない
・費用や時間がかかる

 

認知行動療法のメリットは、薬に頼ることなくパニック発作の治療ができ、再発の可能性も低いことです。
認知行動療法を行うことで、脳内の機能異常が正常に戻る効果が期待できることがわかっていて、薬を使用しないで。
認知行動療法のみでパニック発作を改善できることも知られています。
しかし、認知行動療法は、薬物療法と比較して効果がでるまでに時間がかかるので、根気強さと強い意思が必要です。

 

 

一般的にパニック障害の治療方法は薬物療法が優先されますが、その人の症状の特徴や、急性期、慢性期、重症度などによっても違ってきます。その人の状態や症状に合わせた、最適な治療方法を行うことが大切です。

薬と精神療法は治療の基本関連ページ

治療の流れと治療期間の過し方
パニック障害の治療期間は人にもよりますが、2年半くらいが目安です。
不安が無くなるまでに約3か月~半年、再発防止のために数か月~約1年、
減役に約1年~2年半くらいかかります。初期発作から3カ月以内に治療すると、完治しやすいです。
心理療法の有効性
パニック障害には、ものの見方や考え方を修正し感情や行動を調整する認知行動療法や、
呼吸や自律神経を自分で調整できるようなトレーニングなどで
パニック発作に対する不安や恐怖を取り除く心理療法と薬物療法と同時に行うことが効果的です。
薬物療法
パニック障害は近年脳内の神経系の以上からくる内因性の病気であることがわかり、
即効性のある抗不安薬と、徐々に症状を軽くしてくれる抗うつ薬による薬物療法が
有効とされています。いずれも医師と相談しながら、指示に従って服用することが大切です。
催眠療法
過去に経験した辛いショックやトラウマが原因となっているパニック障害では、
薬物療法と兼ねて、カウンセラーが行う催眠療法によって、閉ざしている心を解放してあげ、
本当の原因を見つけることが早期改善につながります。
自律訓練法
パニック障害になると突発的な症状が出ることがあり、生活に支障をきたすことがあります。
そんな症状を和らげるために普段から出来ることに自律訓練法があります。
自律訓練はトレーニングによりリラックスを手に入れることが出来ます。
認知行動療法
パニック障害の精神療法では、頻脈や眩暈などパニック障害で起こる症状について
内容を明確に説明し、不可解さや不安を取り除いた上で、呼吸法などの対処療法を準備して
症状に立ち向かうことで克服する克服認知行動療法が行われています。
薬物療法は段階的に行う
パニック障害で行われる薬物療法は、飲み始める際も止める時も、少しずつ段階的に行う。
自分で出来るパニック障害の治療方法
パニック障害には、心療内科などのクリニックや病院などでの治療のほかに、
自分で治療する方法もあります。バランスのよい食生活や過剰な飲酒を控えるなど
健康管理に気をつけ、ストレスを溜めない、睡眠をたっぷりとるなど
生活習慣を見直すことが大切です。
パニック障害の特徴と治療薬
パニック障害の大きな特徴は、ふらつきや胸が痛くなるなど突然起こる体調不良です。
検査をしても特に異常は見当たらないのに、症状が繰り返される場合は
パニック障害が疑われます。
投薬で様子を見ますが、副作用が出る場合もあるので、医師の指示に従います。
パニック障害を克服できる期間とはどれくらいか
パニック障害は必ず治る病気です。治療は主に投薬で、個人に合わせて薬の種類や量を都度組み合わせ、その効果を都度確認する期間が必要な為、完治には時間がかかります。人それぞれ効果は異なる為、完全に克服するにはかなりの個人差があると言えます。
抗うつ薬・抗不安薬を徐々に減らしていく
抗うつ薬・抗不安薬を減薬するんいは自己判断ではなく、
医師の指導を守りながら焦らずに行いましょう。
認知行動療法がうまくいく人、いかない人
認知行動療法はパニック障害の心理療法にもっとも効果的だと言われています。
しかし人によってはうまくいく人と、なかなか効果が出ない人がいます。
それぞれの特徴などを紹介ます。
薬物療法では難しい心理面の回復
パニック障害の治療には、常に前向きな思考・行動を意識することが大切です。
認知療法で不安を生む考え方を見直す
パニック障害の治療方法の中に、認知行動療法があります。
パニック発作は不安や恐怖から起こる場合が多いので、
認知行動療法で考え方を見直すようにします。
行動療法で不安や恐怖を感じる場所に自分を慣らしていく
パニック障害の行動療法は不安や恐怖を感じる場所に自ら慣らしていきます。
広場恐怖症に有効な不安や恐怖を取り除くことが大切です。
体内時計のリズムを整える方法
パニック障害の改善には体内時計のリズムを整えることがとても大切です。
混乱しないためにもパニック発作の対処法を知っておこう
パニック発作が起こった時に、混乱しないように対処方法をしっかりと覚えておこう
不安な場合の「助け」になること
パニック障害の人は、パニック発作の予防策として、不安や恐怖の症状に対しての
対処方法を持っています。
依存的な患者さんへの対処方法とは
パニック障害の場合は「予期不安」があるので、8割近くの人は広場恐怖症になるといわれています。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧