思い込みによる「心のクセ」を治す

このエントリーをはてなブックマークに追加 

思い込みによる「心のクセ」を治す

パニック障害とは、パニック発作や広場恐怖、予期不安はある種の不安にさらされた時、その不安をどんどん大きくしてしまう病気です。
パニック障害の患者さんは、一般の人にとっては取るに足らないような些細な不安に対しても、過剰に反応してしまうのです。

 

例えば、ある状況に直面、経験した時に、

 

A段階 不安、怖い などの感情的な反応を示す。

B段階 叫び声を上げる、震える、逃げ出す などの行動をする。

 

だとしたときに、一見すると、Aが原因でBが結果(怖いからパニックを起こす)という関係のような気がしてしまいがちですが、実はAとBの間にはもう一つ段階Vがあります。

 

これを見ると、ある状況や場面に対する人それぞれの反応は

 

A→B ではなく A→Ⅴ→B 

になります。

 

そして、このVこそが、「人それぞれの考え方であり、思い込み」でもあります。

 

A(恐怖)を経験してもB(パニック発作)を起こす人がいるかいないかはV(思い込み)の違いによるものです。

 

例えば、満員電車に乗った時

 

パニック発作がある人は
「こんな満員電車の中でパニックになったら大変だ!次の駅までまだまだ時間が長くかかるのにパニック発作が起こったらどうしよう。自分が恐怖におびえているのを周りの人に気がつかれたらどうしよう・・・」と思い込む 

 

のに対して、

 

パニック障害のない人は
「混んでるけど、中のほうはすいているし、吊皮にはつかまれそうだ」

 

と余裕ある考えが出来ます。

 

直面した状況が全く同じであったとしても、その現実をどうとらえるかによって、その時の気分も実際に起こす行動もまったく違うことになります。

 

パニック障害の人は、自分の感情や反応に悪い変化を与える場所や状況に対して「怖いもの、危険なもの」だと決めつけ、強く思い込んでしまいます。
そして、その思い込みをきっかけとして、まわりの人たちとは違った反応である不安や恐怖を引き起こしてしまうのです。

 

この間違った思い込みを直すには、第一に「恐怖を感じる場所や状況」などに対するあなた自身の接し方、とらえ方、考え方がどんなものであるかを、しっかりと見つめ、理解することが必要です。
そして、この考え方のどこが間違っているのか、これからはどのように受け取り、解釈するのが正しいのか、自分自身で考え、答えを見つけます。

 

しかし、間違った考え方のパターンは、なかなか簡単には変えられません。それは、長い間慣れ親しみ、すっかりしみついてしまった「心のクセ」だからです。
医者に指摘されたから変えてみようと思っても、なかなかうまくいかないものですよね?
あなたの考え方に根本的な間違いがあることをあなた自身が本当に理解しなければ、心にしみついたクセは直りません。

 

このような自分の考え方の根本的な間違いを正すためには「認知再構成」をする必要があります。

 

思い込みによる「心のクセ」を治す関連ページ

パニック障害は予期不安症状が1か月以上続く
朝から不快なニュースを見ない
パニック障害の症状はいくつも存在しています。病院へ行く前に該当する症状がないか
チェックする事ができます。病院での診断は、米国基準の問診によるものが中心で、
13項目のうち4項目以上当てはまると、パニック障害の可能性があります。
パニック障害かも?と思ったら…
パニック障害によくにた症状で別の病気が複数存在します。
このページではそのようなパニック障害の症状に似た別の病気を特徴を踏まえて紹介します。
パニック障害の二種類の治療法
パニック障害の治療法は二種類で、薬物療法と心理療法に分けることができます。
ここではそれぞれの治療法の特徴などについてお話します。
パニック障害の治療構造
一般的に考えられている「パニック障害」のメカニズムを分かりやすい図で紹介しています。
何の予兆もなく、急にはじまる
パニック障害のパニック発作は何の前ぶれもなく始まります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧