パニック障害がともなう体の病気とは

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パニック障害がともなう体の病気とは

不安や恐怖などの症状が身体に影響をおよぼす

パニック障害は「心身相関」といわれていて、不安や恐怖などが心身へ何かしらの影響を与えることがあります。パニック障害の症状として以下のようなことが起こりやすいです。

  • 過敏性腸症候群
  • 片頭痛
  • 睡眠障害

 

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

腸がストレスなどの外部からの影響を受けて、「お腹の調子が悪くなる。
下痢や便秘になる。お腹が張る。」などの症状が起きてしまう病気です。
腸はとてもストレスなどの刺激に敏感で、脳と互換し合う特徴があります。

 

脳が恐怖や不安などのストレスを感じると、そのストレスは腸に伝わってしまい、過敏性腸症候群を発症してしまいます。
パニック障害の人は過敏性腸症候群を併発していることが多いので、この二つの病気は関わり深いと考えられます。

 

片頭痛

片頭痛

片頭痛はパニック障害の代表的な症状の一つです。頭痛の症状としては、締め付けられるような痛みやズキズキとする痛みが多いです。パニック障害が悪化するにつれて、片頭痛も頻繁に出るようになります。逆にパニック障害の症状がおさまっていくと、片頭痛の症状が出る回数も減っていきます。

 

睡眠障害

パニック障害は睡眠中などに関係なく、いつもで起こります。睡眠中にパニック障害が起こることを経験してしまうと、睡眠中も不安になり安心することができなくなります。そして寝不足になり、睡眠障害を引き起こすことで、パニック障害の症状が起きやすくなります。


パニック障害がともなう体の病気とは関連ページ

自然派健康サプリメントで心を静める
自律神経を整えるサプリメントの摂取により、パニック障害の症状を改善し、
健康的な心身を取り戻すことがより効果的にできます。
特におすすめはにんにくで、にんにくには自律神経を整え、
心の不調を治すほか、滋養強壮効果もあり、体に活力を与えてくれます。
パニック障害の症状について
パニック障害は、色々な症状を引き起こすため、とてもつらい病気です。
そしてその症状は、病院で実施する、メンタルカウンセラーの
カウンセリングを受けることによって、随分軽減させる事ができます。
そのため、是非受ける事をお勧めします。
自分で出来るパニック障害治療法
パニック障害持ちの人が気をつけることは、疲れすぎないことです。
疲れすぎるとまいのような症状を引き起こします。
その症状がパニック障害の症状とにているために症状を引き起こしてしまう可能性があるので、
疲労感は禁物です。
お薬や食事療法などについて
パニック障害の患者は、普段の生活でもストレスを溜め込みやすく、
症状としては朝の通勤の時の満員電車などで、人ごみの中や狭い空間などにいる時などに、
急に息苦しさや動悸めまいなどに襲われますが、こういった事は薬や食事療法で防ぐことが可能です。
臨床心理士のお仕事など
パニック障害は、その人が意識していなくても、その症状がみられる、とてもつらい病気です。
そしてその症状は、臨床心理士から日々の生活についてなどの、ケアを受けることによって、
随分と楽になることができます。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧