自分で出来るパニック障害治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加 

症状を抑えるために出来る事

メンタルカウンセラーである私が、パニック障害の症状を抑えるために自分で出来る治療法についてお話します。
日々の習慣や考え方から、本格的な心理療法や認知行動療法などの治療法まで、症状を抑える様々な方法について綴っていきますね。

 

「自分で出来るパニック障害治療法記事一覧」
パニック障害の対処方法や接し方などを書いているので、該当の記事をご覧ください。

自分で出来るパニック障害治療法記事一覧

急なパニック症状への対処法

パニック発作が起こると、ドキドキして息がつまり、冷や汗が出て頭が真っ白になり、このまま死んでしまうのではないかという恐怖に襲われます。このような場合、呼吸の乱れがすべての症状を引き起こしていると考えられます。そして、この症状を抑えたり、和らげる効果的な方法の一つが、腹式呼吸です。腹式呼吸アメリカでは...

≫続きを読む

 

パニック発作時に冷静になる

不安な事があると、誰でも呼吸が早くなったり、息苦しさや動悸が引き金になって更に不安が高まりますね。しかし、パニック障害の人の場合、身体が危険だという意識が強すぎるため、不安の上にさらなる不安を感じて過呼吸になり、それに伴い身体の症状も大きくなります。そして、身体の症状がさらなる不安を高めてしまい悪循...

≫続きを読む

 

パニック障害の人への接し方(心がけたい事)

パニック障害の人にとって、家族や周りの人たちの対応によって病気の経過を左右するほどに影響が大きいものです。たとえば、パニック障害を発症した人に、わがままだとか、世間体が悪いなどと周りにけなされたりすると、更に悪化することになります。パニック障害を治療するためには、周囲の人の理解と協力が不可欠なのです...

≫続きを読む

 

パニック障害の人への接し方(してはいけない事)

以下の事に気をつけ、パニック障害という病気への理解を深めることにより、パニック障害で苦しむ人の闘病生活を支えることになります。ぜひ、参考にしてくださいね♪パニック障害では、検査をしても身体の異常は見つかりません。だからといって「仮病」などと誤解して本人を責めてはいけません。家族や周りから理解してもら...

≫続きを読む

 

質のよい睡眠を取るために出来ること

パニック障害やうつ病など、心の病を抱えている方は夜睡眠が取れていない方も多います。人は深い睡眠に入ると、副交感神経が活性化され、体の代謝も良くなり、心が深くリラックスします。質の良い睡眠の研究結果では、6~7時間がベストだと言われるようですが、睡眠時間が長い短いよりも、いかにスムーズに副交感神経を高...

≫続きを読む

 

姿勢を意識する事で自律神経のバランスが整う

「なんだか心が不安定だなぁ・・憂鬱だなぁ・・」・というようなとき、心が暗くなり、笑顔が消え、顔は下を向いて、背中は丸くなり、姿勢が悪くなります。でも、背中を丸めて歩いていると、気道が狭くなって、呼吸が浅くなり、体の血の流れも滞り、自律神経のバランスがどんどん悪くなってしまいます。なので、「ちょっと調...

≫続きを読む

 

心が不安定になったら深呼吸を

不安に襲われたり、イライラしたり、極度なプレッシャーを感じているとき、呼吸はとても速く浅くなっています。呼吸が浅くなると、自律神経のバランスが乱れ、血管が収縮し、脳にも体の細胞にも血流が悪くなります。そうなると、頭痛がしたり、頭の回転が悪くなったり、さらに心が不安定になり負のスパイラルに入り込んでし...

≫続きを読む

 

自分で行動療法を行い広場恐怖を克服するコツ

これまで、広場恐怖の症状は、薬では治らないと言われてきたこともありますが、症状が中程度であれば、抗うつ薬を使う意味は大きいです。抗不安薬・抗うつ薬…抗不安薬や抗うつ薬にはパニック発作を抑える作用があるので、抗不安薬や抗うつ薬を服用していると発作が消えていき、恐怖心がだんだん薄らいできます。また、抑う...

≫続きを読む

 

パニック障害は食事で改善ビタミンB、Cがストレスを癒す

パニック障害に悩む患者さんには、脳や自律神経の正常な働きに必要なビタミンBやストレスへの抵抗力をつけるビタミンCを摂取することをおススメしています。ビタミンBには、脳の働きを良くしたり、心や体の働きをつかさどる自律神経を調整したりする働きがあることはご存じですか?それでは、必要なビタミンについて説明...

≫続きを読む

 

パニック障害と食事

パニック障害の人は不安感や焦燥感を静め、リラックスした状態を作り出すために副交感神経を活性化させる必要があります。そのために出来ることとして、日々の生活の中で、心をリラックスさせる食事を心がけることがあります。私は、健康にいいものを食べなくては!と食べたくないものを我慢してストレスをためるよりも、好...

≫続きを読む

 

楽しく食事をして健康に

からだに良い食事とは、栄養やバランスの事だけではありません。ひとりで食事したりするよりも、家族や友人とゆっくり楽しく食事をする方がよりおいしく感じられ、心まで満たされます。リラックスした気分は副交感神経の働きを活性化させて胃腸の働きを高めてくれるんですよ。イライラしたり、不安を感じていたり、焦りを感...

≫続きを読む

 

食べ物が身体だけではなく心の病気をも招く

アメリカでは、30年前に国民の健康と食事の関係を徹底調査した話はご存じですか?その結果は、驚くべきもので、「加工食品ばかりの食生活はビタミン、ミネラル不足をもたらす」「食品添加物の害はまず子供に現れる」「家庭内暴力の多くは食べ物に原因があった」という実態が報告されました。そして、現代人の多くの病気が...

≫続きを読む

 

最高の治療法はバランスの良い食事

身体や心の不調を治すためのお薬と比較すると、栄養療法での治療は元々から身体に存在する栄養素を補う治療法なので、副作用がない事が大きなメリットと言えますよね!体内では、複数の栄養素が相互に関係しながら身体の働きを維持しているのはご存じですか?ではカルシウムを例にして説明しますね。本当のカルシウムとは…...

≫続きを読む

 

脳神経の代謝UPするギャバで自律神経を整える

脳神経の代謝を活性化してくれる物質にGABAがあります。そのGABAを多く摂取するために出来る方法として、にがり米を利用する方法があります。にがり米は、玄米をにがり液にひたしてから炊飯したものです。これは、ストレスや更年期障害、高血圧、うつ病、認知症などの予防や改善に役立つ食べ物なんですよ♪食べ続け...

≫続きを読む

 

心の不調の改善にトリプトファンレシピ

癒しのホルモンと呼ばれるセロトニンはアミノ酸の一種です。トリプトファンはその人間に必要な20種類のアミノ酸のうちの一つです。しかし、トリプトファンから出来るものはセロトニンだけではなく、ナイアシンが作られることもあります。体内にナイアシンが不足している場合、トリプトファンからはセロトニンよりもナイア...

≫続きを読む

 

薬を勝手にやめると再発を繰り返してしまう

パニック障害の症状が改善してくると、自分の判断で薬の量を減らしたり、薬を飲むことをやめてしまう人がいます。せっかく快方に向かっていたのに症状が後戻りしてしまいます。再発を繰り返さないためには一定期間、薬を飲むことが大切なんです。どれぐらいの期間飲み続けるのか薬によって得られた精神安定状態が少なくとも...

≫続きを読む

 

薬と同じ効果を発揮する運動

心にトラブルがあると、運動不足の悪循環に陥ってしまうことはご存じですか?心にトラブルをかかえていれば、身体を動かすのがおっくうになりますが、運動不足はうつ状態や意欲の低下をいっそう助長します。動かないでいると、自分の病気や不安にばかり気持ちが囚われて、思考が悪いほうへ悪いほうへと傾いていきます。動か...

≫続きを読む

 

薬物療法はステップを踏んで、服用ゼロを目指そう!

パニック発作の薬は、不安や恐怖を感じるセンサーが過敏に反応しないように、脳や神経に作用して、興奮を抑える効果があります。心の病気を薬で治す事に対して、脳に悪影響を与えるのではないかと抵抗感を感じる方もいらっしゃると思いますが、最近では副作用が少ない薬も開発されています。薬物療法は次の四つのステップを...

≫続きを読む

 

パニック障害の療養生活の7つのポイント

パニック障害は、その人の生活環境などによって、症状の経過が違ってくる病気です。過労やストレス、睡眠不足などをきっかけに、症状がぶり返したり、悪化することがあります。パニック障害は、身体に負担をかけることができない病気ですし、運動不足や暴飲暴食などにも注意が必要なので、規則正しい生活を心がけましょう。...

≫続きを読む

 

心身をリラックスさせる自律訓練法

緊張を和らげてストレスへの抵抗力をつける体は不安や恐怖を感じてしまうと緊張状態になります。そしてパニック発作も起こしやすくなってしまうのです。パニック障害の人にとって、緊張を和らげることができるリラックス法を身に付けることは、大きな意味があります。しかし、自律訓練法だけで症状を改善することはできませ...

≫続きを読む

 

マインドフルネス瞑想とは

「そのままの状態」を受け入れて瞑想する精神療法マインドフルネス瞑想というのは、西洋の心理学と東洋の思想を組み合わせて、生み出された精神療法のことです。マインドフルネスは「気づく」という意味があり、気づく対象とされるのは「自分の感情や意識」とされています。感情にしっかりと気が付くことで、その感情と距離...

≫続きを読む

 

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧