薬と同じ効果を発揮する運動

このエントリーをはてなブックマークに追加 

薬と同じ効果を発揮する運動

 

心にトラブルがあると、運動不足の悪循環に陥ってしまうことはご存じですか?

 

心にトラブルをかかえていれば、身体を動かすのがおっくうになりますが、運動不足はうつ状態や意欲の低下をいっそう助長します。

 

動かないでいると、自分の病気や不安にばかり気持ちが囚われて、思考が悪いほうへ悪いほうへと傾いていきます。

 

動かないでいる期間が長いほど体力は低下しますので、ちょっと身体を動かしてもすぐ疲れてしまうようになります。すると、ますます動きたくなくなりますし、実際動けなくなっていきます。

 

運動不足の結果、心と体のバランスをくずし、心の病気が悪化してしまうという仕組みですね。

 

心の病気に対する運動効果は多くの研究がなされています。

 

うつ病の患者さんを薬だけで治療しているグループと、薬に運動を取り入れた治療をしているグループにわけて比較してみた所、運動をしているグループの方が早く治り、かつ完全に治る率も高いことが報告されています。

 

パニック障害やうつ病の人は脳内のセロトニン活動に異常があることや、セロトニンに感応する神経が弱くなっていることがわかっており、そのためにSSRIという薬を使用するのですが、それと同じように、運動をすることで、前頭葉の血流が活発になり、セロトニンの分泌が増加し気持ちを安定させることが出来るそうなんです!

 

以上の点から、セロトニン分泌を増加させる運動には、薬と同じような効果が期待できるわけなんですね♪

 

運動には抗うつホルモンを生み出す効果があるともいわれています。

 

身体を動かし汗をかくと爽快感やリフレッシュ効果もありますし、その後のリラクゼーションにもつながります。とは言っても、心の病をかかえる人に激しい運動や無酸素運動は勧められません。

 

激しい運動をすると疲労物質である乳酸がたまるので、疲れがひどくなり逆効果になってしまうからです。

 

有酸素運動

そんな心の病の患者さんへのおすすめは、ゆっくりと身体を動かす有酸素運動です。ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳などがありますよね♪

 

そのような有酸素運動を、うまく日常生活の中に習慣として組み込むのがおすすめです。夕食前に散歩したり、毎週何曜日にトレーニングジムに行くなど毎日の習慣にしてみましょうね。

 

メンタル律子も、ストレスがたまったかな?と思う時にはスポーツジムでZUMBAをしています。ZUMBAはフィットネスプログラムで、ラテン系の音楽に合わせて身体を動かすフィットネスなのですが、とにかく楽しく運動する事に意義があるので、上手に踊らなければ!という気負いを感じることなく、とても自由で解放感があります。

 

ノリの良い音楽に合わせて楽しく1時間身体を動かすと、心も体も解放感でいっぱいになって、とてもスッキリした気分になるんです!頭の中のモヤモヤした気持ちも吹っ飛んでしまいます。

 

そして、その後にお仕事をすると、とても集中して取り組めるんです。

 

なので、身体を動かすって心にとても効果があるんだなぁ~といつも実感します。心と体はつながっているからでしょうね(^^)

 

ZUMBAは、小さい子供から70代~80代の高齢の方も参加できるフィットネスなのでとてもおススメですよ♪


薬と同じ効果を発揮する運動関連ページ

急なパニック症状への対処法
パニック障害持ちの人が気をつけることは、疲れすぎないことです。
疲れすぎるとまいのような症状を引き起こします。
その症状がパニック障害の症状とにているために症状を引き起こしてしまう可能性があるので、
疲労感は禁物です。
パニック発作時に冷静になる
パニック障害持ちの人が気をつけることは、疲れすぎないことです。
疲れすぎるとまいのような症状を引き起こします。
その症状がパニック障害の症状とにているために症状を引き起こしてしまう可能性があるので、
疲労感は禁物です。
パニック障害の人への接し方(心がけたい事)
パニック障害持ちの人が気をつけることは、疲れすぎないことです。
疲れすぎるとまいのような症状を引き起こします。
その症状がパニック障害の症状とにているために症状を引き起こしてしまう可能性があるので、
疲労感は禁物です。
パニック障害の人への接し方(してはいけない事)
パニック障害持ちの人が気をつけることは、疲れすぎないことです。
疲れすぎるとまいのような症状を引き起こします。
その症状がパニック障害の症状とにているために症状を引き起こしてしまう可能性があるので、
疲労感は禁物です。
質のよい睡眠を取るために出来ること
散歩をする事で、質のよい睡眠に必要なホルモンが活性化され、
パニック障害など心の病で眠れない方にもよい効果が生まれます。
しっかり眠る事ができると、副交感神経が活性化され、
体の代謝もよくなり心もリラックスする事ができます。
姿勢を意識する事で自律神経のバランスが整う
自律神経のバランスを整えることはパニック障害にも効果的で、日々の生活の中で
姿勢を正すことを意識し、背筋を伸ばして真っ直ぐ前を見ながら歩くようにすることで、
気持ちを落ち着かせて暗い気分になるのを防ぐことができます。
心が不安定になったら深呼吸を
神経症などの障害により、心の健康を損なった方に向けて、深呼吸の大切を説いています。
呼吸をすることを意識することで、副交感神経の働きを活性化させることができるため、
健康の回復に役立つという内容になっています。
自分で行動療法を行い広場恐怖を克服するコツ
パニック障害の患者は、普段の生活でもストレスを溜め込みやすく、
症状としては朝の通勤の時の満員電車などで、人ごみの中や狭い空間などにいる時などに、
急に息苦しさや動悸めまいなどに襲われますが、こういった事は薬で防ぐことが可能です。
パニック障害は食事で改善 ビタミンB、Cがストレスを癒す
パニック障害に悩む患者さんには、脳や自律神経の正常な働きに必要なビタミンBや
ストレスへの抵抗力をつけるビタミンCを摂取することをおススメしています。
パニック障害と食事
パニック障害の改善には主に3つの有効な方法があります。それはお薬による治療の他に、
運動をすることと食事のレシピの工夫です。運動はパニック障害改善の要因となる
セロトニンの分泌を増加させ、またそのセロトニンを作り出すのに有効な食べ物があります。
楽しく食事をして健康に
食べ物が様々な病気を招く
最高の治療法はバランスの良い食事
脳神経の代謝UPするギャバで自律神経を整える
心の不調の改善にトリプトファンレシピ
お薬に頼らずにパニック障害を改善するには、セロトニンが体内で多く作られる状態にすることが大切で、トリプトファンを多く含むレシピが効果的です。また、ビタミンB6群も併せて摂取することでより効果的です。
薬を勝手にやめると再発を繰り返してしまう
薬物療法はステップを踏んで、服用ゼロを目指そう!
パニック障害、症状は抑えたいけどできればお薬は服用しない治療を希望する人も少なくないはずです。しかし、自己判断は禁物。お医者さんと相談しながら適切に減薬する必要があります。このコラムでは服薬ゼロへの道のりを、ステップごとに解説してくれます。
パニック障害の療養生活の7つのポイント
パニック障害は、その人の生活環境などによって、症状の経過が違ってくる病気です。
ここでは重要な7つのポイントについてお話します。
心身をリラックスさせる自律訓練法
パニック障害の人は、緊張や恐怖を強く感じています。
そこで緊張を和らげるリラックスができる自律訓練法を行うことで、
改善への手助けになります。
マインドフルネス瞑想とは
パニック障害の治療で用いられることのある、マインドフルネス瞑想というのは、
西洋の心理学と東洋の思想を組み合わせて、生み出された精神療法のことです。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧