パニック障害の症状について

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パニック障害の症状について

 

パニック発作は、不安、恐怖などの精神症状に、動悸やめまい、呼吸困難などのいろいろな心身の症状が、同時にあらわれます。

 

パニック発作のあらわれかたには、直接的な原因は何もなく、不意に始まり、10分以内にピークに達すると言われます。

 

急激に襲われる強い不安感を感じるため、このまま頭がおかしくなってしまい、死んでしまうのではないか・・・という極度の恐怖を覚えますが、ほとんどの場合、30分前後ぐらいでおさまり、何事もなかったのように、元の状態に戻ります。

 

身体症状

 

心臓がドキドキする。
「動悸・息切れ」ですが、実際にパニック発作を経験した人は、「心臓がどきどきする」というような生易しいものではないといいます。
心臓が破裂する、口から飛び出しそうになる。心臓をわしづかみにされる感じ。

 

手足が震える
手足の筋肉が収縮し、自分の意志とは関係なく震える症状です。
身体が痙攣するようにガクガクする人もいます。

 

口が渇く
喉がからからに乾いたり、口の中がざらざらしたりヒリヒリしたりして渇く状態になる症状
息苦しさを伴う場合がある。

 

息がつまり、窒息する
密室に入れられて、空気がなくなり息が出来なくなってしまったような症状です。
窒息するのではないかという強い恐怖心もあります。

 

冷や汗をかく
暑くもないのに、恐怖心や不安感により発汗する症状です。冷や汗をかくことで不吉な感じがしてさらなる恐怖心や不安感を招きます。

 

息が切れる、息苦しい
ハーハーと息が荒くなったり、息をすることが困難になる症状です。
息の吸い方、はき方がわからなくなると感じることもあります。

 

吐き気や腹部の不快
お腹の中がグチャグチャになった感じや胃を強くつかまれた感じがしたりして、強い吐き気に襲われたり、はいてしまう症状が出る人もいます。

 

精神症状

 

死んでしまうのではないか恐怖を感じる
動悸や震えなどの症状にともなって、不安や恐怖感が高まり死を意識してしまう症状です。

 

手合いや身体のしびれ、うずく感じがする
身体の感覚が鈍くなり、身体が重くなって感じたり、身体が重いなにかに覆われているように感じる症状の人もいます。

 

気が変になる、制御不能
強い不安や恐怖を感じるため、気が変になってしまうのではないかと思ってしまったり、人前で取り乱してとんでもない事をしてしまうのではないかと不安になる症状です。

 

頭がフラフラして、気を失いそう
めまいや、頭から血が引いていく感じで気を失いそうな症状です。

 

現実感がなくなる
自分の存在を感じる力が弱まります。
現実感がなくなって、身の回りの状況を感じることができなくなります。雲の上を歩いているように感じる人や、頭に霧がかかったような症状を感じる人もいます。

 

自分が自分でないと感じる、離人感
自分の行動や考えを感じる力が弱まる症状です。自分が行動しているのに、夢の中の出来ごとのように感じる、自分の心や身体を外から見ているようだ、自分が人形になったような気分だと言う人もいます。

 

 


パニック障害の症状について記事一覧

パニック障害の原因は親からの影響も

ストレスが直ちにパニック障害に結びつくわけではないですが、肉親との別れや病気などのストレスが、発作の引き金になることはあります。また、小さいころに親と死別したなどの喪失体験を持つ人や、親に虐待された、充分な愛情を与えられなかった人が発症しやすいという報告もあり、その他に遺伝要素も指摘されています。子...

≫続きを読む

 

パニック障害の発作の症状をチェックしてみよう

パニック発作では、突然激しい不安感や動悸や呼吸困難やめまいなどに襲われますが、パニック障害と診断されるためには、そのような症状が現れる身体の病気ではない事が前提です。なので、まずからだに異常がないかどうかを調べることが必要です。内科などで、からだの異常がない事を確認したら、パニック発作が起きた時にど...

≫続きを読む

 

パニック障害で性格が変化する?

ある調査では、パニック障害の患者さんの約6割の方が、「パニック障害になってから、自分の性格が変わった」と答えているそうです。それも、消極的になった悲観的になった内向的になったなどのネガティブな方向への変化が多いようです。それでは、パニック障害は患者さんの心にどのような影響を与え、それによってどんな性...

≫続きを読む

 

パニック障害で傷ついた心が生み出す思考と行動

パニック障害の患者さんは、発症前から大きなストレスを抱えている場合も多く、更にこの病気にかかることによって、健康な人には理解出来ないほどの強い不安感や恐怖にさらされています。では、パニック障害の人の心を理解するために、患者さんたちの思考や行動の変化を見てみましょう。・依存的になる発作の恐怖から身を守...

≫続きを読む

 

パニック障害の全体像を知ろう

症状は心と体のどちらにも起るパニック障害の代表的な症状はパニック発作です。症状としては精神面に起る、強い不安や恐怖です。そして身体面には動悸やめまい、呼吸困難などの症状があらわれます。パニック障害は精神面と身体面のどちらともにトラブルを起こしてしまう病気です。しかしこのような発作が起こっても、当初は...

≫続きを読む

 

パニック障害と間違えられやすい病気

パニック障害は、症状が似ている病気が他にもあるので、正しく診断してもらえない事があります。間違えられやすい病気や症状について説明します。過呼吸症候群息が荒くなり、手の指先や口の周りなどがしびれるような感じになる。空気が吸いこめないような苦しさが死を強く意識させる。心理的要因や、自己誘発で生じる。不安...

≫続きを読む

 

心と体に現れるパニック障害のさまざまな症状

パニック障害の患者は発作の症状をこのように感じている初めてパニック発作が現れた時に、その発作をパニック障害の症状であるパニック発作と気がつく人は多くありません。パニック発作の特徴は、激しい動悸や呼吸困難などの症状が現れるので、多くの人は最初に体の病気を疑います。パニック発作の診断基準の症状DSM診断...

≫続きを読む

 

不安が常に頭から離れなくなる予期不安とは

一度パニック障害を引き起こすと、パニック発作は繰り返し引き起こされます。そのために、パニック発作が起こっていない時でも「いつ起こるのか…」など不安が常に頭から離れず、常にそのことばかり考えてしまいます。これが「予期不安」です。予期不安の症状予期不安の症状やあらわれ方は、その人によって違いがあります。...

≫続きを読む

 

生活に支障をきたす「広場恐怖症」

パニック障害の症状であるパニック発作は、場所や時間は関係なく突然起こります。しかし予期不安が強くなってくると、以前パニック発作が起こった場所や状況を次第に避けるようなり、それが「広場恐怖症」へと進んでいきます。広場恐怖症の「広場」とは広場とは広い場所というわけではなく、パニック発作が起こった場合に逃...

≫続きを読む

 

パニック障害は依存症など、色々な病気を併発する

パニック障害は、その他の精神疾患を併発してしまうと、経過のあらわれ方が複雑になり、回復も遅くなってしまいます。アルコール依存症パニック障害と併発する可能性が高い依存症としてアルコール依存症があげられます。その傾向が強い人の特徴としてパニック障害になる前からお酒をたくさん飲んでいたり、日常的に不安やス...

≫続きを読む

 

パニック障害は女性の病気?

パニック障害は女性だけの病気ではないパニック障害を発症する確率は、男性よりも女性の方が3倍ほど高いとされています。そのことによりパニック障害は女性の病気だと思われることが多いです。確かに女性の方が発症しやすいというのはありますが、はっきりとした理由はわかっていません。女性ホルモンが影響?可能性の一つ...

≫続きを読む

 

規則正しい生活リズムでパニック障害を早期回復へ

不規則な生活により体内時計が乱れるパニック障害を持っている人は、病気の影響もあり、生活リズムが乱れがちです。パニック障害の回復のためには、この乱れた生活リズムを整える必要があります。「体内時計」により生活リズムは調整、維持されますが、不規則な生活が続いてしまうと、体内時計が狂ってしまい、生活リズムが...

≫続きを読む

 

パニック障害の人が唐突に怒り出したら

家族や周りの人からすれば「そんな小さい理由で?」と思うような理由でも、パニック障害の人は、とても激怒することがあります。ある男性の患者は、向かい側に住んでいる家族の赤ちゃんの泣き声を聞き、「赤ちゃんが虐待されている」と思い込んでしまって、保健所と警察に通報した例もあります。このようにパニック障害では...

≫続きを読む

 

自己中心的な行動を取った場合は…

パニック障害で気分反応性をもっている患者さんは、まわりの状況で大きく気分が浮き沈みしてしまいます。ほんのささいな嫌な事があると、とても激しく反応してしまい、気分が一気に落ち込んでしまいます。その反面、自分にとって楽しいことなどがあると、急に落ち込みが軽くなったり、消えたりします。自己中と勘違いされる...

≫続きを読む

 

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧