規則正しい生活リズムでパニック障害を早期回復へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

規則正しい生活リズムでパニック障害を早期回復へ

不規則な生活により体内時計が乱れる

パニック障害を持っている人は、病気の影響もあり、生活リズムが乱れがちです。
パニック障害の回復のためには、この乱れた生活リズムを整える必要があります。

 

体内時計」により生活リズムは調整、維持されますが、不規則な生活が続いてしまうと、体内時計が狂ってしまい、生活リズムが乱れます。そして体内時計には、自律神経やホルモン分泌などをコントロールする働きもあります。

 

よって体内時計のリズムが乱れると、自律神経やホルモン分泌にも影響を与えます。このことで自律神経が常に緊張状態になり、パニック発作が起こりやすくなります。

 

主な症状は

  • 自律神経が乱れ内臓の働きが悪くなる
  • 血圧が安定しない
  • すぐに疲れる
  • ストレスに弱くなる

などの心身にさまざまな影響が現れます。

 

体内時計とメラトニンの2つが1日のリズムを作る

夜になると眠くなり朝目が覚めて、食事の時間になるとお腹が減ったりするのは、体内時計とメラトニンに沿って体の機能が働いているためです。

 

主時計は脳にある

体内時計の主時計は「視交叉上核」です。この視交叉上核は左右の目から伸びている視神経が視床下部で交差している個所の上ぐらいにあります。

 

この主時計は直径が1ミリと、とても小型ながら超高性能で、早朝に目から入る太陽の光を感じると、松果体に信号が送られます。この信号が1日の活動スタートボタンの役割を果たします。

 

メラトニンは松果体から分泌

松果体に主時計より信号が送られてくると、時計ホルモンである「メラトニン」を松果体から分泌されます。このホルモン分泌により、主時計はリセットされて、1日のリズムが開始します。

 

このメラトニンは血流により全身のすみずみまで「時間の情報」を運んでくれます。このメラトニンの分泌が最も多くなるのは、太陽光の信号が届いて約14時間後で、夜になります。

 

 

メラトニンの効果

  • 心拍数を下げる
  • 体温を下げる
  • リラックスさせる
  • 消化器官の活動を休める

 

このことにより、眠りへと誘います。

 

末梢時計は体内に存在する

もうひとつの体内時計である末梢時計は、食事によって「血糖値の上昇」がリセットのタイミングとなります。なので、食事の時間が規則的になると、末梢時計のリズムも整ってきます。

 

主時計と末梢時計がお互いに同調を行うことで、1日のリズムを規則正しく刻むことができます。


規則正しい生活リズムでパニック障害を早期回復へ関連ページ

パニック障害の原因は親からの影響も
パニック障害の発作の症状をチェックしてみよう
パニック障害で性格が変化する?
ある調査では、パニック障害の患者さんの約6割の方が、「パニック障害になってから、自分の性格が変わった」と答えているそうです。それもネガティブな方向への変化が多いようです。
パニック障害で傷ついた心が生み出す思考と行動
パニック障害の患者さんは、発症前から大きなストレスを抱えている場合も多く、更にこの病気にかかることによって、健康な人には理解出来ないほどの強い不安感や恐怖にさらされています。
パニック障害の全体像を知ろう
パニック障害を理解するためには、まずパニック障害の全体像を把握するようにしましょう。
パニック障害と間違えられやすい病気
パニック障害は、色々な症状を引き起こすため、とてもつらい病気です。
そしてその症状は、病院で実施する、メンタルカウンセラーの
カウンセリングを受けることによって、随分軽減させる事ができます。
パニック障害と間違えられやすい病気について書いています。
心と体に現れるパニック障害のさまざまな症状
パニック障害に現れるパニック発作の症状を紹介してます。
紹介している12症状のうち4症状以上が同時に起こる場合は
パニック発作の可能性が高いです。
不安が常に頭から離れなくなる予期不安とは
パニック発作が一度起こってしまうと、常にパニック発作の事を考えてしまい、
日常生活に不安や恐怖を抱いてしまい、予期不安を引き起こしてしまいます。
生活に支障をきたす「広場恐怖症」
広場恐怖症とは予期不安が強くなり、発作が起こった場所や状況を避けるようになる。
パニック障害は依存症など、色々な病気を併発する
パニック障害になるといアルコール依存症や不安症など色々な病気を併発してしまいます。
パニック障害は女性の病気?
パニック障害は女性がなりやすいと言われています。
その理由としては女性ホルモンなども関係があるようです。
患者さんが唐突に怒り出したら
パニック障害の患者さんが突然に怒り出してしまうとどのように対処したらいいのかと
戸惑ってしまう人がたくさんいます。その場合の対処方法をご紹介します。
自己中心的な行動を取った場合は…
パニック障害で気分反応性をもっている患者さんは、まわりの状況で大きく気分が浮き沈みしてしまいます。ほんのささいな嫌な事があると、とても激しく反応してしまい、気分が一気に落ち込んでしまいます。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧