パニック障害の発作の症状をチェックしてみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パニック障害の発作の症状をチェックしてみよう

 

パニック発作では、突然激しい不安感や動悸や呼吸困難やめまいなどに襲われますが、パニック障害と診断されるためには、そのような症状が現れる身体の病気ではない事が前提です。
なので、まずからだに異常がないかどうかを調べることが必要です。

 

内科などで、からだの異常がない事を確認したら、パニック発作が起きた時にどのような症状が出ているかチェックしてみましょう。

 

強い恐怖感や不快感、不安感を感じる通常と明らかに違うと思う期間で、下記の症状のうち、4つ以上が突然に起こり、10分以内にピークに達するものをパニック発作といいます。

 

 動悸、心悸亢進、心拍数が増加する。

 

 発汗する

 

 震える

 

 息が苦しいと感じたり、息切れする

 

 窒息感がある

 

 胸の痛みや不快感

 

 吐気がしたり腹部が不快だ

 

 めまいやふらつき、頭が軽くなったり、気が遠くなる

 

 現実感がなくなる、離人感(自分の存在が薄くなる)がある

 

 自分をコントロール出来ない、気がくるってしまうと思う

 

 死んでしまうのではという恐怖

 

 感覚がマヒしたりウズいたりするなどの異常な感覚

 

 冷感や熱感を感じる

 

3つ以下の場合は、症状限定性発作と呼ばれ、パニック発作と区別されることもあります。

 


パニック障害の発作の症状をチェックしてみよう関連ページ

パニック障害の原因は親からの影響も
パニック障害で性格が変化する?
ある調査では、パニック障害の患者さんの約6割の方が、「パニック障害になってから、自分の性格が変わった」と答えているそうです。それもネガティブな方向への変化が多いようです。
パニック障害で傷ついた心が生み出す思考と行動
パニック障害の患者さんは、発症前から大きなストレスを抱えている場合も多く、更にこの病気にかかることによって、健康な人には理解出来ないほどの強い不安感や恐怖にさらされています。
パニック障害の全体像を知ろう
パニック障害を理解するためには、まずパニック障害の全体像を把握するようにしましょう。
パニック障害と間違えられやすい病気
パニック障害は、色々な症状を引き起こすため、とてもつらい病気です。
そしてその症状は、病院で実施する、メンタルカウンセラーの
カウンセリングを受けることによって、随分軽減させる事ができます。
パニック障害と間違えられやすい病気について書いています。
心と体に現れるパニック障害のさまざまな症状
パニック障害に現れるパニック発作の症状を紹介してます。
紹介している12症状のうち4症状以上が同時に起こる場合は
パニック発作の可能性が高いです。
不安が常に頭から離れなくなる予期不安とは
パニック発作が一度起こってしまうと、常にパニック発作の事を考えてしまい、
日常生活に不安や恐怖を抱いてしまい、予期不安を引き起こしてしまいます。
生活に支障をきたす「広場恐怖症」
広場恐怖症とは予期不安が強くなり、発作が起こった場所や状況を避けるようになる。
パニック障害は依存症など、色々な病気を併発する
パニック障害になるといアルコール依存症や不安症など色々な病気を併発してしまいます。
パニック障害は女性の病気?
パニック障害は女性がなりやすいと言われています。
その理由としては女性ホルモンなども関係があるようです。
規則正しい生活リズムでパニック障害を早期回復へ
不規則な生活リズムにより体内時計が乱れてパニック障害の治療速度が低下します。
規則正しい生活を送り早期回復できるようにしましょう。
患者さんが唐突に怒り出したら
パニック障害の患者さんが突然に怒り出してしまうとどのように対処したらいいのかと
戸惑ってしまう人がたくさんいます。その場合の対処方法をご紹介します。
自己中心的な行動を取った場合は…
パニック障害で気分反応性をもっている患者さんは、まわりの状況で大きく気分が浮き沈みしてしまいます。ほんのささいな嫌な事があると、とても激しく反応してしまい、気分が一気に落ち込んでしまいます。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧