パニック障害の原因

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パニック障害を引き起こす原因

 

パニック障害を引く起こす正確な原因は未だわかっていません。しかし、精神的な病気の研究が進むにつれてパニック障害についてわかることも増えてきました。

 

少し前まではパニック障害は心の病であると認識され、本人の心の弱さに原因があるように言われていました。しかし、近年では脳内神経伝達物質のバランスの乱れや受容体の機能の異常がこの病気に大きく関わっていることが明らかにされ、心の病ではなく脳機能障害であるという認識が広がってきています。

 

「セロトニン」
「ノルアドレナリン」
「ギャバ・ベンゾジアゼピン

 

これら3つの物質がパニック障害に関わっているのではないかと言われています。

 

まずセロトニンですが、セロトニンは不安感を抑える働きのある脳内神経伝達物質です。パニック障害の症状には恐怖感や不安感といったものがありますが、セロトニンの不足、あるいは受容体の働きが鈍くなっていることがこれらを引き起こしているのではないかと言われています。しかし、それとは逆にセロトニンの過剰分泌が原因ではないかという説もあります。

 

次にノルアドレナリンですが、ノルアドレナリンは、危険が迫ったときに警報を発動する神経を作動させる物質です。パニック障害の方はこのノルアドレナリンが過剰分泌しているか、受容体が過敏になっているのではないかと言われています。

 

最後のギャバ・ベンゾジアゼピンですが、これは不安を抑える働きのある神経伝達物質です。パニック障害の方は、このギャバのレセプターやこれに連結しているベンゾジアゼピン・レセプターの感受性に問題があるのではないかと言われています。

 

パニック障害の原因はあくまで脳内神経伝達物質のバランスの乱れや受容体の機能の異常であるとされていますが、ストレスなどの精神的な要因がこの病の発症や悪化に関係していることは否めません。

 

まだその関係は明らかにはなっていませんが、ストレスの多い環境にさらされている、幼少期につらい体験をしたなどの要素によって発症するのではないかとも考えられています。


パニック障害の原因記事一覧

発症する原因とストレス環境

現代ではストレス社会とも呼ばれ、クリニックや病院などでも心療内科があり通院している方達も増えてきています。その中でもパニック障害やうつ病などの心の病気の原因の多くの場合、なんらかのストレスや遺伝によるものだと考えられています。社会人の方の場合は職場でのプレッシャーが1番の原因とされ、普段の生活の中で...

≫続きを読む

 

原因としての遺伝要素

パニック障害には遺伝との関わりが少なからずあるとされているが、親がパニック障害ならばその子も発症するという意味ではなく、ストレスを感じやすい体質や、不安をかかえやすいという体質、その他自律神経などの働きが通常とは異なっているなどの気質的な要因を遺伝として受け継いで、その結果としてパニック障害を発症し...

≫続きを読む

 

神経伝達物質の分泌の乱れ

パニック障害は、脳の中にある数種類の脳内神経伝達物質の分泌が偏って起こるものといわれています。パニック障害が起こる原因をもう少し詳しく説明すると、脳から分泌される物質の中にセロトニンというものがありますが、これは精神を安定させるために分泌されるもので、分泌されることにより、いわゆる「安らぎ」を感じる...

≫続きを読む

 

パニック障害にヨガが有効である理由

パニック障害の厄介な点は、病院で治療を受けたくても、発作に対する不安から外出が怖くなってしまい、病院に行くこと自体ができないというケースがあることです。ある程度でもよいので、通院せずに症状を緩和したいと考えている方には、ヨガが有効な対策法です。これは暗示やおまじないのようなものではなく、ちゃんとした...

≫続きを読む

 

パニック障害の症状など

パニック障害の症状は、動悸とか手足のふるえ、発汗、呼吸困難、胸が締め付けられるような痛み、気が遠くなるとか死にそうな予感が突然あらわれることです。殆どの患者さんは心臓の異常と感じて、内科を受診しますが異常はありません。パニック発作の引き金には、忙しい生活によるストレスや人間関係のトラブルなど何らかの...

≫続きを読む

 

家庭環境を整えて治療を効果的に

家族が協力して療養生活を行う患者さんに一番近い家族だからこそ、生活の環境がパニック障害を治療していくのに適したものになっているのかを見極めて、整えてあげることにより、病気の回復も早くなります。治療への協力一番最初に考えなければいけないのが、治療を行う際の協力です。療養生活で大切なのは、服薬と通院の管...

≫続きを読む

 

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧