原因としての遺伝要素

このエントリーをはてなブックマークに追加 

原因としての遺伝要素

 

パニック障害には遺伝との関わりが少なからずあるとされているが、親がパニック障害ならばその子も発症するという意味ではなく、ストレスを感じやすい体質や、不安をかかえやすいという体質、その他自律神経などの働きが通常とは異なっているなどの気質的な要因を遺伝として受け継いで、その結果としてパニック障害を発症してしまう場合がありますが、発症するか否かは、その人の生活環境やストレスの状態などによって決まるので、一概にパニック障害が遺伝するとは言えません。

 

もし母親がパニック障害を発症している場合などは、自身もストレスに対して敏感であるということや、不安を感じやすいなどの気質を受け継いでいる可能性を意識して生活習慣などに気を配ることが大切です。

 

その他の原因としては薬物などの影響があり、喫煙やカフェインなどは不安を強くしてしまうことで症状を悪化させることがあります。

 

アルコールなどの場合は短期的にはパニック症状を緩和させますが、長期間アルコールを飲み続けることでアルコールの離脱症状とともにパニック発作を起こすことがあります。

 

治療法としては薬物療法と精神療法があり、薬物療法としては発作の抑制のために抗鬱剤や抗不安剤が用いられていて、有効性が高いとされています。

 

精神療法においては暴露療法と呼ばれる認知行動療法が用いられます。この療法は不安が誘発される状況に実際に身を置くことや想像することで克服した経験を積んで自信をつけていく方法です。

 


原因としての遺伝要素関連ページ

発症する原因とストレス環境
典型的なパニック障害は突然生じるパニック発作によって始まり、日常生活のストレスが
原因と言われていますが、自覚症状がないため発作が起きて初めて気づくケースが多いのです。
また、突然の環境の変化など些細な出来事でも影響を及ぼすこともあります。
神経伝達物質の分泌の乱れ
パニック障害は神経伝達物質の分泌の乱れが原因で起こります。
恐怖や不安を引き起こすノルアドレナリンの働きを、安らぎ感じさせるセロトニンを
増加させることで抑える治療法がありますが、セロトニンは薬物治療の他に
日光を浴びることでも増加できるのです。
パニック障害にヨガが有効である理由
パニック障害になるといつ発作が起きるかわからなく、外出も怖くなってしまうことがあります。
ヨガの呼吸法で血中の二酸化炭素が増加し、セロトニンが分泌されると、
パニック障害の症状が改善されることがわかってきました。
パニック障害の症状など
パニック障害は誰にでも起こりうる病気です。原因は様々でストレス等の
心的葛藤もありますが脳内神経伝達物質の異常が一番多いと言われています。
症状は動機やめまいから心臓の痛みまで深刻なものも多くあります。
治療法は薬物療法等があり完治できます。
家庭環境を整えて治療を効果的に
患者さんに一番近い存在の家族だからこそ、生活の環境がパニック障害を治療していくのに
適したものになっているのかを見極める必要があります。そして整えてあげることにより、
パニック障害のの回復も早くなります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧