神経伝達物質の分泌の乱れ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

神経伝達物質の分泌の乱れ

 

パニック障害は、脳の中にある数種類の脳内神経伝達物質の分泌が偏って起こるものといわれています。
パニック障害が起こる原因をもう少し詳しく説明すると、脳から分泌される物質の中にセロトニンというものがありますが、これは精神を安定させるために分泌されるもので、分泌されることにより、いわゆる「安らぎ」を感じることができる神経伝達物質です。
セロトニンは、よく眠れるようになったり、興奮を抑えたり、ストレスに対する抵抗がましたりという効果があるので、幸せを感じる事のできる神経伝達物質としても有名です。

 

一方、ノルアドレナリンという物質も分泌されています。これは、心が恐怖や、不安を感じた時など、生命的に危機を感じた時などに分泌されるもので、防衛反応として体を緊張させたり、集中するときなどに分泌されます。
これら二つの物質とドーパミンという物質は、うつ病の発症に関係するということが分かっていますが、パニック障害の発症にも関係しているということが分かっています。
このセロトニンとノルアドレナリンという神経伝達物質の分泌バランスが、崩れることによって起こるのがパニック障害なのです。

 

パニック障害の治療方法としてセロトニンを増加させるというものがあります。
ノルアドレナリンによって引き起こされた恐怖感や不安感を抑え込むためのものです。
この治療の効果は実証されており、パニック障害の症状が改善されることが明らかになっています。
薬物投与によってその分泌量を増加させることは比較的簡単です。しかし、この薬物治療には副作用があります。

 

セロトニンは体内時計を調整し、日中は交感神経を刺激することによって体の活動状態を維持しています。
ですので、薬物投与によってその濃度が体内で上昇したままであると、不眠症になりやすくなってしまうのです。
セロトニンの働きには、太陽光が密接にかかわっています。
実際に、日光を浴びているだけで体内の分泌が促進されるということがわかっています。
ですので、薬物投与を行わずとも、規則正しい生活を心がけ、日光を浴びるような生活をしていれば、セロトニンの分泌量を増加させることができるのです。

 

 

 

 

 


神経伝達物質の分泌の乱れ関連ページ

発症する原因とストレス環境
典型的なパニック障害は突然生じるパニック発作によって始まり、日常生活のストレスが
原因と言われていますが、自覚症状がないため発作が起きて初めて気づくケースが多いのです。
また、突然の環境の変化など些細な出来事でも影響を及ぼすこともあります。
原因としての遺伝要素
パニック障害の原因は、遺伝との関わりが少なからずあるとされてはいますが、
直接的な遺伝ではなく、ストレスや不安などの体質や気質的な要因を遺伝として受け継ぐ
ことによる遺伝要素と、その人の生活環境やストレスの状態などが相まって発症するものです。
パニック障害にヨガが有効である理由
パニック障害になるといつ発作が起きるかわからなく、外出も怖くなってしまうことがあります。
ヨガの呼吸法で血中の二酸化炭素が増加し、セロトニンが分泌されると、
パニック障害の症状が改善されることがわかってきました。
パニック障害の症状など
パニック障害は誰にでも起こりうる病気です。原因は様々でストレス等の
心的葛藤もありますが脳内神経伝達物質の異常が一番多いと言われています。
症状は動機やめまいから心臓の痛みまで深刻なものも多くあります。
治療法は薬物療法等があり完治できます。
家庭環境を整えて治療を効果的に
患者さんに一番近い存在の家族だからこそ、生活の環境がパニック障害を治療していくのに
適したものになっているのかを見極める必要があります。そして整えてあげることにより、
パニック障害のの回復も早くなります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧