発症する原因とストレス環境

このエントリーをはてなブックマークに追加 

発症する原因とストレス環境

現代ではストレス社会とも呼ばれ、クリニックや病院などでも心療内科があり通院している方達も増えてきています。
その中でもパニック障害やうつ病などの心の病気の原因の多くの場合、なんらかのストレスや遺伝によるものだと考えられています。
社会人の方の場合は職場でのプレッシャーが1番の原因とされ、普段の生活の中でも環境が変わってしまったり何か心配事があり悩み続けているとパニック障害になってしまう方など、人によっても原因は異なります。

 

ストレスというものは、自分でも自覚症状を感じにくいためパニック発作などはある日突然に起こる場合があります。
パニック発作が起きて初めて原因がストレスにあった事に気づく事が多く、普段は何気ない生活環境の中でも過激な変化などがあると、悩んでしまったり気にかけたりする事でそれがストレスになりパニック障害を引き起こす事にもなってしまいます。

 

しかし、ストレスがすぐにパニック障害に繋がる事は考えにくいと思いますが、ある日突然恋人や家族を失った時や闘病生活などの強いストレスが発作の引き金になる可能性はあります。
また、小さい時に親を亡くしてしまったり、離れ離れになってしまった喪失体験のある方や虐待を受けた経験を持つ人はパニック障害を起こしやすいという例もあります。
その他の原因では遺伝があり、親がパニック障害で苦しんでいる場合その子供も同じ障害になる確率が一般の方に比べて8倍近くも高くなると言われています。
特に20歳前にパニック障害が起きた場合は遺伝が原因である可能性が高く、その他の原因ではホルモンのバランスの崩れや喫煙などが引き金となり、パニック障害を引き起こすと言われています。

 

育った環境や突然の環境の変化など、今までの生活とは変わってしまうと突然の変化で体にも影響があり睡眠不足や悩んでしまう事で発作も引き起こす引き金になってしまいますので、日頃から穏やかな生活を送り自分が過ごしやすくするだけで症状が良くなる場合があります。

 

発症する原因とストレス環境関連ページ

原因としての遺伝要素
パニック障害の原因は、遺伝との関わりが少なからずあるとされてはいますが、
直接的な遺伝ではなく、ストレスや不安などの体質や気質的な要因を遺伝として受け継ぐ
ことによる遺伝要素と、その人の生活環境やストレスの状態などが相まって発症するものです。
神経伝達物質の分泌の乱れ
パニック障害は神経伝達物質の分泌の乱れが原因で起こります。
恐怖や不安を引き起こすノルアドレナリンの働きを、安らぎ感じさせるセロトニンを
増加させることで抑える治療法がありますが、セロトニンは薬物治療の他に
日光を浴びることでも増加できるのです。
パニック障害にヨガが有効である理由
パニック障害になるといつ発作が起きるかわからなく、外出も怖くなってしまうことがあります。
ヨガの呼吸法で血中の二酸化炭素が増加し、セロトニンが分泌されると、
パニック障害の症状が改善されることがわかってきました。
パニック障害の症状など
パニック障害は誰にでも起こりうる病気です。原因は様々でストレス等の
心的葛藤もありますが脳内神経伝達物質の異常が一番多いと言われています。
症状は動機やめまいから心臓の痛みまで深刻なものも多くあります。
治療法は薬物療法等があり完治できます。
家庭環境を整えて治療を効果的に
患者さんに一番近い存在の家族だからこそ、生活の環境がパニック障害を治療していくのに
適したものになっているのかを見極める必要があります。そして整えてあげることにより、
パニック障害のの回復も早くなります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧