パニック障害の様々な症状

このエントリーをはてなブックマークに追加 

不安に陥る動悸症状

 

パニック障害は、誰にでもなりうる身近な精神病として、毎年患者数が増え続けている現代病です。
数年前までは【症状】として扱われていましたが、近年では精神病と認知され【障害】として扱われるようになりました。

 

パニック障害になるキッカケ…

パニック障害の症状はキッカケとしては個々さまざまですが自ら気付かないうちにとっさ的に表れる場合があります。環境や場所や人とのコミニュケーションの場、もしくは自宅、交通機関など場所や時間を選ばないパニック障害。

 

症状としては個人差がありますが冷や汗や動悸、めまい吐き気、呼吸困難などが現れます。

 

症状が起こりやすい場所…

1度経験してしまうとトラウマのように過剰に精神が過敏になり恐怖感や不安から激しい動悸や呼吸が乱れ倒れてしまう感覚に陥るのです。

 

最も人が賑わうデパートの場所や接近率の高い電車やバスそしてエレベーターなど人目が付く場所でパニック障害が発生する確率は高いです。

 

呼吸を整え安心感を与えると時間とともに落ち着きを取り戻す事が出来ますが、パニック障害で1番悩んでしまうのは症状が出た時の恐怖感や人の目を気にしてしまい外出できなるケースが多い事です。

 

「完治した」という絶対的な見込みが難しい為、自分とうまく付き合っていかなければならないパニック障害です。今では色々な治療や投薬もあります。

 

まず動悸などが起こった場合は呼吸法を行ない無理に動悸を止めようとするのではなく、動悸がきた後の対処法を考え落ち着かせる事が第一です。パニック障害の多くは【こうなったらどうしよう】という不安感から動悸などを起こし、発症するケースが大きいです。

 

無理に症状を止めるのではなく症状が出た後の対処法を身に付け、症状がきても乗り越える勇気や改善策を身に付け、うまくパニック障害と向き合う事が大事です。


パニック障害の様々な症状記事一覧

息苦しい、呼吸がしづらい症状

パニック障害の症状はたくさんありますが、その中でも代表的なものが、息苦しい、呼吸がしづらいというものです。この症状は特定の場所で起こることが多く、ドラマでもたまにパニック障害の症状が出ている人を演じているのを見る機会も多くなってきました。症状が出る原因…具体的には、特定の場所で嫌な思い出があったり、...

≫続きを読む

 

パニック障害について

パニック障害は従来不安神経症の一部に含めて扱われてきましたが、1980年に米国精神医学会が提出したDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)と呼ばれる精神障害の診断と統計の手引きで診断分類の一つとして認められ、1992年にWH...

≫続きを読む

 

発汗、冷や汗の症状

パニック障害では様々な身体の症状と共に、強い不安感や恐怖感の伴う発作が特徴となっています。主な身体の症状としては、激しい動悸やふるえ・発汗・冷や汗に加えて脈拍数の増加といった高熱時の状態に似たものが挙げられます。個人差はありますが、息苦しさや胸部の不快感、過呼吸といった呼吸系の症状、及びめまい・耳鳴...

≫続きを読む

 

吐き気やお腹の不快感の症状

パニック障害は有名人でもかかっていることを公表している人が多く、今や有名な病気であると言えます。患者を悩ますのはパニック発作と呼ばれる突然生じる症状で、それには精神的なものと身体的なものがあります。精神的なものには不安感や恐怖感、非現実感や自分が自分では無いような感覚に襲われてしまう離人感などがあり...

≫続きを読む

 

非現実感や離人感の症状

パニック障害は、別名不安症と呼ばれるもので、普通の健康状態にある人の場合には、不安に繋がらない日常的な物事が、パニック障害の人の場合には、今すぐにも死に陥るという恐怖感にさいなまれるものなのです。パニック障害は、特に若い女性に多く起こりやすい傾向が有るもので、性格が気真面目でどちらかというと神経質な...

≫続きを読む

 

手足の震えの症状が出るパニック障害

パニック障害になると、突然呼吸が苦しくなったり動悸が激しくなったり手足の震えが起こったりそして手足の震えや呼吸困難などの症状と共に死ぬかもしれないという恐怖も感じます。何が原因でこうなるのかというと…脳の神経伝達系に異常が起こり、危険でもない状況で、危険を知らせる信号が出てしまうのです。遺伝的にこの...

≫続きを読む

 

胸の痛みと不快感の症状

「パニック障害」とは、精神疾患のひとつです。以前では心から来る病とされていましたが、近年の研究により「脳機能障害」としても扱われるようになりました。原因はまだ完全には解明されていないものの、脳内の不安神経機構の異常によって起こるのではないか、と推測されています。原因…人間は、脳にある神経細胞の間を情...

≫続きを読む

 

死への不安感と発狂

パニック障害と呼ばれるものは、精神的なバランスが崩れる事により起こる不安症の症状で、呼び方が変わっただけで、昔から存在していた心身症の一つです。例えば、健康体の人でも、乗っていたエレベーターが急に原因が分からずに停止してしまい、目の前が真っ暗になった場合に、このまま永久に閉じ込められて、誰にも知られ...

≫続きを読む

 

窒息感、呼吸できない症状

パニック障害の代表的な症状は、パニック発作と言われている発作です。この発作は、予期せぬときに突然おこります。パニック障害の発作のときに、窒息感、息苦しい感覚、呼吸できないような感覚、せまい所に閉じ込められたような感覚になることがあります。この状態になると、窒息感がさらにパニックを引き起こしてしまい、...

≫続きを読む

 

感覚麻痺などの症状

パニック障害は、比較的若い女性に起こりやすく、症状がとても強く現れるのが特徴です。一つひとつの症状がつらく、はっきりしているので、まずは病院に行き、病気がないかどうか検査してもらうことをおすすめします。パニック障害で現れる症状としてどのようなものがあるか見ていきましょう。代表的なものとして、動悸があ...

≫続きを読む

 

のぼせの症状

パニック障害の症状には冷えや激しい動悸、ふるえなど様々なものがありますが、のぼせもそのうちの一つです。突然頭や顔がほてるように熱く感じられ、ふらつきや息苦しさ、めまいを感じることもあります。一般的に、これらのパニック症状は何の前触れもなく発生し、呼吸の異常や脈拍の急激な上昇、吐き気など他の症状と同時...

≫続きを読む

 

冷感を頭に感じる症状

パニック障害の症状で、発作が起きた時、のぼせたように顔が火照って来るにもかかわらず頭の中は冷感があり意識があることがあります。その為、急激な発汗が起きますが冷や汗のように感じます。動悸が激しくなり胸が締め付けられたように息が苦しくなり、全身の血が足元に下がっていく感じがします。このまま死ぬのではない...

≫続きを読む

 

体の冷えによる症状

パニック障害の原因というのは人それぞれですが、それによって発現する症状というのもさまざまです。そんな症状のひとつに、冷えというのがあります。体が冷たくなるというのは、よく女性などでその話を聞きますが、肩がこるなどと同様、あまり病気として考えていない方が多いもの。そのため、しっかりとした治療をせずにほ...

≫続きを読む

 

しびれ症状

パニック障害という病名は、実はあまり歴史の古いものではありません。正式にパニック障害という病名がつけられたのは、実は1980年代、つまり今から30年ちょっと前と、ほんの最近のことでした。では、それまではどうしていたかというと、心臓の神経に関する病気や不安神経症というような片付けられ方をしていました。...

≫続きを読む

 

動悸や不安感、熱感の症状

パニック障害の主な症状は、不安感恐怖感激しい動機呼吸困難窒息感冷や汗手足が震えめまいさらには熱感や冷感という、体がほてり、熱があるように感じたり、逆に体が冷たく感じるような症状など、主に13の症状があります。そのうち4つ以上の症状があり、1ヶ月以上続くような場合にパニック障害と診断されます。パニック...

≫続きを読む

 

発作の症状

現代は集団での生活においてどれほど協調性を持って行動できるのかが重要視されているのですが、その中で自己が保てない人というのは非常にストレスを感じることになります。このストレスというのは目には見えないものですが人の心の表現として使われる精神に大きな負荷がかかることにより体の免疫機能が活発化することを言...

≫続きを読む

 

社会恐怖の症状

社会不安障害は、Social Anxiety Disorderと言います。電車に乗った時、バスに乗った時など、密室となる空間に入る事で呼吸困難になったりするパニック障害は、電車やバスなどの乗り物を降りる事でパニック症状から脱出できるようになります。しかし、1度パニック症状に陥ると、また呼吸が苦しくな...

≫続きを読む

 

パニック障害の重症化と広場恐怖症

パニック障害は突然の動悸、息切れ、発汗、身体の震え、寒気、胸苦しさと共に表現をすることが出来ない極度の不安感を発症する病気です。この症状、パニック発作は5~10分程度で治まるものの、普段の生活の中で繰り返し発症するため、通常の生活を維持することが困難になります。パニック発作は短時間で治まるので医師の...

≫続きを読む

 

慢性化につながる予期不安

パニック障害患者は、日常生活でストレスをためやすい環境で暮らしていることが多く、突然、動悸や息切れ、めまいなどの症状があらわれ呼吸困難などでパニックに陥ります。本能的な危険を察知する扁桃体が活発に活動しすぎて、必要もないのに戦闘体制に入り呼吸や心拍数を増やしてしまうことが原因といわれています。発作の...

≫続きを読む

 

特定恐怖症と広場恐怖症の違い

パニック障害とは何の予兆も無く、突然、激しい動悸、発汗、身体の震え、呼吸困難、吐き気や眩暈、悪寒や火照りなどの身体的な異常と共に、根拠がない激しい不安感、死の恐怖などの精神的な異常な状態、パニック発作を発症します。パニック発作は5~10分程度で無くなりますが、このパニック発作は繰り返し発症します。そ...

≫続きを読む

 

統合失調症との関連

パニック障害とは著しい不安感などの症状とするような精神疾患の一つで、最近では心の病というよりは脳機能障害として認識されています。パニック障害の主な症状パニック発作対人恐怖症予期不安広場恐怖といった症状があります。パニック発作の典型的な例としては、何の前触れなしに突発的に起こるのが特徴で、強い不安感が...

≫続きを読む

 

全般性不安障害との関連

パニック障害とは近年の研究により心の病としてではなく脳の機能障害として扱われるようになっていて、従来日本では不安神経症や全般性不安障害と呼ばれていたものが、パニック障害と呼ばれるようになっています。典型的なパニック障害は意図せずに起きてしまった呼吸数や心拍数の増加などによって強い不安を感じてしまい、...

≫続きを読む

 

強迫性障害と感情コントロール

パニック障害は、特定の対象における不安や恐怖を全くコントロール出来なくなり、極度のパニック状態になるものです。人前で話をする事が苦手な人が多いものですが、パニック障害の場合は、人前で話をしようとすると言葉が出なくなったり、頭の中が真っ白になり、やがて呼吸が乱れ、言葉に震えを持つ形になるのです。しかし...

≫続きを読む

 

うつ病との関係

パニック障害とうつ病には、深い関係があります。両者は、併発する可能性がとても高いものなのです。症状が現れる順番としては、パニック障害の症状が表れてうつ症状が次に現れることが多いですが、うつ病の闘病中に症状としてパニック障害の症状が出てしまう場合もあります。それでは、なぜ両者は併発してしまうのでしょう...

≫続きを読む

 

パニック障害の後遺症

ここではパニック障害の後遺症について言及したいと思います。パニック障害は、昨今では心の病ではなく脳機能障害であるという見解がなされています。パニック障害の症状の進行の経過は以下の通りです。「パニック発作」によって始まる→「予期不安」~満員電車などの閉鎖的な空間で原因不明の不安症状が起きる。その後、車...

≫続きを読む

 

自律神経の大きな乱れは長い間ストレスを受けることが原因で起きる

身体が長い間ストレスを感じていると、自律神経に負担がかかり乱れやすくなります。自律神経は体が受ける身体的、心理的ストレスに対する抵抗力を持っていますが、欠点が存在し、完全ではありません。欠点というのがストレスを受けてしまうと短い間しか正常に働くことができなくなってまいます。ストレスが溜まり続けると3...

≫続きを読む

 

パニック発作がおさまっても残遺症状が続くことがある

治療開始後、半年後くらいから少しずつあらわれるパニック発作の治療を始めて、症状がおさまってくる半年後くらいから、少しづつはじまるのが残遺症状です。症状が続く期間としては人それぞれでが、数年の人が多く、長い方では10~20年こともあるようです。パニック障害は依存性が高く頑固な病気なので、十分な治療を行...

≫続きを読む

 

その他の精神疾患との見きわめが大切

パニック障害の身体症状は内科的検査、精神症状は問診でパニック障害の診断を行う際は、最初に主な症状であるパニック発作を調べて、その症状がパニック障害からきているものかを判断します。心身の病気がないのかを調べる身体への症状として現れるめまい動悸呼吸困難などの症状の症状の原因はパニック発作からなのか、それ...

≫続きを読む

 

薬が妊娠・出産へ与える影響と対処法

妊娠中の治療方法は納得できる内容を選択パニック障害の治療で薬物療法を行っている女性の中で、妊娠・出産を希望している人にとっては、飲んでいる薬が胎児へどのような影響を与えるのか気になるところです。パニック障害の治療薬で使用されるものには多くの種類があり、薬によってはリスクがあるものも存在します。妊娠を...

≫続きを読む

 

うつ病の前兆から目を離さない

パニック発作が治まるころにうつ症状が現れるパニック障害はうつ病を併発してしまうと、症状が重症化してしまうことがあります。家族などにパニック障害の方がいる場合は、様子などに気を配って、うつの症状が見られたときには、早期の段階で、医師へ相談するようにしましょう。具体的なうつ症状というのは、物事への関心が...

≫続きを読む

 

インターネットにのめり込んでしまったら

ネット観覧も、患者さんのストレス原因にパニック障害の患者さんの特徴の一つに「一つの事にはまりやすい」傾向があります。そして周りが完全に見えなくなってしまいます。このような人に共通していえるのは、仕事ができ、事業を広げていくような「成功者」であることが多いです。そのような人たちは、病気になったとしても...

≫続きを読む

 

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧