パニック障害の人への接し方

このエントリーをはてなブックマークに追加 

そばにいて安心させてあげるのが一番

 

パニック障害は人によっても変わるので、一つの方法が正しいとは言えません。

 

一つだけ確実に言えることは、長い時間をかけてその人のパニック障害を理解してそばにいることです。

 

何か特別な接し方が必要というわけではありません。それよりも、信頼出来て安心できる人間関係が必要になります。

 

パニック障害を理解することが大切

パニック障害ということが理解されないと考えてしまうと、一人きりになることが多くなり、余計症状を悪化させることにもなりかねません。

 

悪化させないためには、頑張れなどの励ましの言葉を安易に言っていけません。

 

もちろん、人によっては頑張れという言葉が必要になる場合もあります。ただ、よく理解していない人ならば、言わないほうがいいでしょう。パニック障害になって一番頑張っているのは、本人です。

 

本人の負担にならない言葉を言ってあげることが大切です。

 

もし、気になる症状が見られれば、病院に行くべきです。

 

どんなことでもそうですが、理解者が必要になります。病院の医師でもいいですが、できるならば家族や親戚などが助けになってあげるのがいいです。

 

理解者がたった一人いるだけでも、不安は小さくなるものです。

 

不安を感じる機会が少なければ、それほど大きな問題になることもありません。

 

気配りを忘れずに

強いストレスを与えないようにすることも必要です。

 

ストレスがかかりにくい環境であれば、それほど大きな不安にかられることもないでしょう。

 

そばにいることが大切ですが、一日中一緒にいる必要性はありません。

 

なにかあれば、すぐ近くにいて駆けつけてくれる場所にいればいいです。

 

もちろん、本人が望むのであれば一緒にいてあげるとよいでしょう。

 

パニック障害は、改善するまでに時間がかかるものです。

 

人によっても変わるので、いつまでによくなるとはいえませんが処方された薬を飲み、周りの助けがあれば症状は軽くなるものです。接し方も柔軟に対応していきましょう。


パニック障害の人への接し方記事一覧

パニック障害の人と接する場合は、理解と支えが必要です

パニック障害の治療経過は、家族や周りの人の対応によって大きく変わってきます。周りがパニック障害をしっかり理解して、あたたかく接していると、安心して治療を行うことができます。家族や周りの人がパニック障害という病気についての知識や理解が乏しいと、患者さんの不安や恐怖を理解してあげることができず、「しっか...

≫続きを読む

 

パニック障害の人への対応で心がけること

不安や恐怖を感じる患者の心境を理解するパニック障害の人が治療の際に行う療養生活は、身近な周りの人たちや、家族の接し方によって、大きく方向が左右されてしまいます。こう聞くと、とても神経質になってしまいがちですが、そこまで深刻にならなくていいです。パニック障害という病気を正しく理解して、過剰に世話をしす...

≫続きを読む

 

パニック障害の行動で困った時の対応

急に怒り出す「怒り発作」の時は「怒り発作」といわれている症状は全てのパニック障害の人に起こるわけではありませんが、特徴的な症状のひとつです。この発作が起こると、なまえの通り、急に「怒った」状態になります。体をプルプルとふるわせて相手を責め立てたり、大声でどなったりします。この怒り発作の時は、感情がと...

≫続きを読む

 

突然に衝動的な行動がおきたら

パニック障害の症状がある人は、長期にわたり、不安や恐怖にさらされていたことでの反動で、突拍子もない行動をしてしまうことがあります。その突拍子もない行動をすることで、精神的ストレスに対する「解決方法」ということがあります。ある患者さんの例ですが、ある日、何の前ぶれもなく大トカゲを購入してきました。それ...

≫続きを読む

 

自傷行為への対応と理解が重要

自傷行為の「助けて」を見逃さないでパニック障害は、それ以外の精神疾患と比較すると、実際に自殺をする人は少な目だとされています。しかし、「自殺を考えてしまう人の率」はうつ病とあまり大差がなく、パニック障害とうつ病を併発していると、自殺企図率は3倍近くになります。自殺企図とは…自殺と自殺企図は同じようで...

≫続きを読む

 

仕事で悩んでいる患者さんを支える

仕事を続ける際には働き方を考え直すパニック障害の患者さんは「負けず嫌いの頑張り屋」が少なくありません。仕事に集中してしまいすぎると、周りが見えなくなり自己制御ができなくなります。このような人の場合、心身共に休息を取る暇がないので、疲労やストレスが限界ギリギリまで溜まってしまい、発症することがあります...

≫続きを読む

 

女性のパニック障害に影響を与える

月経の時期が近づいてくると、体調や気分がすぐれなくなるのは良く起こることですが、その症状が強いときには、「月経前症候群」といわれます。この症状はなんと150以上あるとされていて、代表的な症状としては下腹部膨満感下腹部痛頭痛乳房痛関節痛むくみ動悸などです。そして精神症状としてはイライラ感ゆううつ不安感...

≫続きを読む

 

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧