パニック障害になっても仕事を続ける際には働き方を見直す

このエントリーをはてなブックマークに追加 

パニック障害になっても仕事を続ける際には働き方を見直す

パニック障害になっても仕事を続ける際には働き方を見直す

パニック障害の患者さんは「負けず嫌いの頑張り屋」が少なくありません。
仕事に集中してしまいすぎると、周りが見えなくなり自己制御ができなくなります。このような人の場合、心身共に休息を取る暇がないので、疲労やストレスが限界ギリギリまで溜まってしまい、発症することがあります。

 

ある男性の例を上げると・・・真夜中に急に発作を起こして救急車で病院へ運ばれてしまいました。男性は数年ものあいだ、朝は6時前に会社へ向かい、帰宅するのは深夜という激務が続いていました。
運ばれた病院では、大きな異常が見つからなかったので、息苦しさはありましたが、男性は仕事を続けました。
しかし、一か月後に、激しい発作がまた起こってしまいました。詳しく調べてもらうとパニック発作ということがわかりました。

 

そして、病気の診断を行った医師は、「仕事をこのまま続けていくのか」を気にする男性に、以下のような提案を行いました。

 

パニック発作は、これ以上、体が無理をするのは危険だと訴えてるシグナルだと考える。
少しの間、休職して休養を取ることも選択肢の一つとして考える。
仕事を続けていくことも選択肢にあるが、その場合は「働き方」を見直すべきだ。

 

医師の言葉を聞きなたが、男性は「働き方に問題があったのでは」と考えました。
そして、職場の上司に、仕事内容の変更と仕事量を減らしてもらえるように相談しました。

 

仕事を全くしないと更に落ち込む

パニック発作は、心身のエネルギーが枯渇してしまう病気です。エネルギーの充電が必要なので、先ずは「休む」ことが重要になります。しかし、仕事量に気を付けながら「働き続ける」ことも選択肢になります。

 

パニック障害の人は、物事を悪い方向に考えてしまう傾向にあるので、仕事を真剣に取り組んでいた人ほど休職すると「自分はもうダメなんだ」とますます落ち込んでしまいます。
最悪のケースだと、そのまま辞職し引きこもってしまうこともあります。

 

病気が完治するまでは治療を続ける

働き方を気を付けながら仕事をつづける場合も、休職して職場へ復帰する場合も、治療は続けていく必要があります。

 

治療の目標は、日常生活が不自由なく行えることです。パニック発作が出ていないからといって、ハードワークにならないように気を付ける必要があります。特に、休職から復帰した場合は、大きな変化を乗り切るためにも、医師の指示通り薬を飲み続けることが大切になってきます。


パニック障害になっても仕事を続ける際には働き方を見直す関連ページ

パニック障害の人と接する場合は、理解と支えが必要です
家族や近い人にパニック障害の患者がいる場合は、しっかりとした病気への
知識を身に付けて接する必要があります。接し方によってパニック障害の経過が
変わってくるので、基本的な知識は身に付けるようにしましょう。
周囲が気を付けたい、パニック障害の方への接し方
パニック障害の人への対応で心がけることはどのようなことでしょうか。パニック障害の人が治療の際に行う療養生活は、身近な周りの人たちや、家族の接し方によって、大きく方向が左右されてしまいます。
パニック障害の行動で困った時の対応
パニック障害の患者さんの行動で困った時の対応とは。
突然に衝動的な行動がおきたら
パニック障害の症状がある人は、長期にわたり、不安や恐怖にさらされていたことでの反動で、突拍子もない行動をしてしまうことがあります。
自傷行為への対応と理解が重要
パニック障害は、それ以外の精神疾患と比較すると、実際に自殺をする人は
少な目だとされています。しかし行動までは起こさなくても、
考えてしまう人は多いので注意は必要です。
女性のパニック障害に影響を与える月経前症候群
月経の時期が近づいてくると、体調や気分がすぐれなくなるのは良く起こることですが、その症状が強いときには、「月経前症候群」といわれます。そしてこれは女性のパニック障害にも影響を与えます。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧