突然に衝動的な行動がおきたら

このエントリーをはてなブックマークに追加 

突然に衝動的な行動がおきたら

 

突然に衝動的な行動がおきたら

パニック障害の症状がある人は、長期にわたり、不安や恐怖にさらされていたことでの反動で、突拍子もない行動をしてしまうことがあります。その突拍子もない行動をすることで、精神的ストレスに対する「解決方法」ということがあります。

 

ある患者さんの例ですが、ある日、何の前ぶれもなく大トカゲを購入してきました。それをきっかけに次々と爬虫類を購入しはじめ、家の庭に動物舎までも作ってしましました。
このように買い物に走ってしまう患者さんは、とても多いです。買い物をすることによって、高揚感が生まれ、それが不安解消に繋がります。

 

買い物によって生まれる高揚感
  • 物を買うことの快感
  • 買ったものを所有する満足感
  • 買い物に出かけるときの気分転換

ある女性患者は、ギャンブルにはまってしまいました。その女性患者さんは、行動療法で広場恐怖症を克服し、はじめて行った場所がパチンコ店でした。そこでパチンコの楽しさを知ってしまい、半年で数百万を使ってしまいました。
この行動も同じように、不安状態への反動的な行動ですから、ほとんどが一過性のものです。

 

このような突発的な行動で、一つだけ注意しなければならないことは、「双極性障害」が併発していることがあります。
ある統計データでは、パニック障害にうつ病が併発すると、
4分の1の人は双極性障害の可能性があると報告があります。
落ち着きがなく動き回る、感情の浮き沈みが激しいなどの症状が見られたら、医師に相談する必要があります。

 

衝動的な行動への対処
  • ほとんどが一過性なので、危険行為に注意しながら見守る
  • ギャンブルや爆買いなどの経済トラブルを避けるため、お金は家族が管理する
  • 双極性障害を併発している可能性を感じたら、医師へ相談する

突然に衝動的な行動がおきたら関連ページ

パニック障害の人と接する場合は、理解と支えが必要です
家族や近い人にパニック障害の患者がいる場合は、しっかりとした病気への
知識を身に付けて接する必要があります。接し方によってパニック障害の経過が
変わってくるので、基本的な知識は身に付けるようにしましょう。
周囲が気を付けたい、パニック障害の方への接し方
パニック障害の人への対応で心がけることはどのようなことでしょうか。パニック障害の人が治療の際に行う療養生活は、身近な周りの人たちや、家族の接し方によって、大きく方向が左右されてしまいます。
パニック障害の行動で困った時の対応
パニック障害の患者さんの行動で困った時の対応とは。
自傷行為への対応と理解が重要
パニック障害は、それ以外の精神疾患と比較すると、実際に自殺をする人は
少な目だとされています。しかし行動までは起こさなくても、
考えてしまう人は多いので注意は必要です。
仕事で悩んでいる患者さんを支える
パニック障害の患者さんは「負けず嫌いの頑張り屋」が少なくありません。 仕事に集中してしまいすぎると、周りが見えなくなり自己制御ができなくなります。このような人の場合、心身共に休息を取る暇がないので、疲労やストレスが限界ギリギリまで溜まってしまい、発症することがあります。
女性のパニック障害に影響を与える月経前症候群
月経の時期が近づいてくると、体調や気分がすぐれなくなるのは良く起こることですが、その症状が強いときには、「月経前症候群」といわれます。そしてこれは女性のパニック障害にも影響を与えます。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧