女性のパニック障害に影響を与える月経前症候群

このエントリーをはてなブックマークに追加 

女性のパニック障害に影響を与える月経前症候群

 

月経の時期が近づいてくると、体調や気分がすぐれなくなるのは良く起こることですが、その症状が強いときには、「月経前症候群」といわれます。この症状はなんと150以上あるとされていて、代表的な症状としては

  • 下腹部膨満感
  • 下腹部痛
  • 頭痛
  • 乳房痛
  • 関節痛
  • むくみ
  • 動悸
  • などです。
  • そして精神症状としては
  • イライラ感
  • ゆううつ
  • 不安感
  • 無気力
  • 情緒不安定
  • 判断力低下
  • 疲労感
  • 不眠

などです。

 

パニック障害の女性患者には、月経前症候群に悩んでいる方が多い傾向にあります。ただし、症状がパニック障害と似ているので、併発していることに気がついていないことが多くあるようです。

 

月経前症候群がある場合、パニック発作が多くなったり、、パニック障害が進行しやすくなります。そして、残遺症状が現れやすくなってしまうのです。

 

月経前症候群があるパニック障害の患者さんを調べたデータでは、月経前に8割の人に不安が増加、6割の人にはパニック発作の増加が、5割の人には広場恐怖症の増加が確認できたとされています。

 

対処

月経前にパニック発作などの症状が悪化しやすい患者さんは、まえもって担当の医師にそのことを伝えるようにしましょう。

 

ホルモン療法

女性の体の健康にはホルモンがとても深く関わっています。そして数多くのホルモン療法が現在は行われています。よくしられているのは「ホルモン補充療法」です。更年期障害の症状の改善や予防に役立ちます。

 

妊娠・出産
  • 妊娠中

女性は妊娠すると心身共に強くなり、精神疾患の悪化が少なくなるといわれています。しかし、パニック障害の場合は、必ずしも当てはまるとは限りません。妊娠初期の時には、つわりをパニック障害の症状だと思い込み、苦しむことがあります。そして妊娠中にパニック発作を併発してしまうこともあるようです。

  • 出産後

パニック障害では、妊娠中よりも産後の方に注意が必要だといわれています。
産後は、女性ホルモンのバランスが崩れているので、精神的に不安定になります。それに加えて、育児のストレスもあるので、心身が不安定になりやすい時期です。


女性のパニック障害に影響を与える月経前症候群関連ページ

パニック障害の人と接する場合は、理解と支えが必要です
家族や近い人にパニック障害の患者がいる場合は、しっかりとした病気への
知識を身に付けて接する必要があります。接し方によってパニック障害の経過が
変わってくるので、基本的な知識は身に付けるようにしましょう。
周囲が気を付けたい、パニック障害の方への接し方
パニック障害の人への対応で心がけることはどのようなことでしょうか。パニック障害の人が治療の際に行う療養生活は、身近な周りの人たちや、家族の接し方によって、大きく方向が左右されてしまいます。
パニック障害の行動で困った時の対応
パニック障害の患者さんの行動で困った時の対応とは。
突然に衝動的な行動がおきたら
パニック障害の症状がある人は、長期にわたり、不安や恐怖にさらされていたことでの反動で、突拍子もない行動をしてしまうことがあります。
自傷行為への対応と理解が重要
パニック障害は、それ以外の精神疾患と比較すると、実際に自殺をする人は
少な目だとされています。しかし行動までは起こさなくても、
考えてしまう人は多いので注意は必要です。
仕事で悩んでいる患者さんを支える
パニック障害の患者さんは「負けず嫌いの頑張り屋」が少なくありません。 仕事に集中してしまいすぎると、周りが見えなくなり自己制御ができなくなります。このような人の場合、心身共に休息を取る暇がないので、疲労やストレスが限界ギリギリまで溜まってしまい、発症することがあります。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧