自傷行為への対応と理解が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加 

自傷行為の「助けて」を見逃さないで

自傷行為の「助けて」を見逃さないで

自傷行為の「助けて」を見逃すな

パニック障害は、それ以外の精神疾患と比較すると、実際に自殺をする人は少な目だとされています。しかし、「自殺を考えてしまう人の率」はうつ病とあまり大差がなく、パニック障害とうつ病を併発していると、自殺企図率は3倍近くになります。

 

自殺企図とは…

自殺と自殺企図は同じようで別物です。自殺は言葉通りの意味ですが、自殺企図は死んでしまいたいほど辛い想いが、一時的に強まって、自殺まではいかないけれど、軽い自傷行為など行ってしまうことです。

 

自傷行為

自傷行為とは自分自身を傷つける行為です。

 

日本で多いのはリストカットですが、

 

その他には

 

  • 「皮膚に爪を立ててむしる」
  •  

  • 「タバコの火を体に押し付ける」
  •  

  • 「壁を殴ったり頭を打ち付ける」
  •  

  • 「薬を大量に摂取する」

 

などの自傷行為があります。

 

パニック障害とうつ病を併発してしまうと自傷行為をしてしまう率が高くなるのは、パニック性不安うつ病の「不安・抑うつ発作」の影響が大きいです。

 

不安・抑うつ発作が起こると、患者さんは精神状態が今までと一気に変わってしまって、別人のようになってしまいます。精神状態は、不安や焦燥感がとても強くなり、それを誤魔化すために、衝動的な行動をおこし、その一つが自傷行為です。

 

自傷行為は、実際に死のうと思って行うものではないのですが、くり返し行うことで段々と内容がエスカレートしていく場合があるので、自殺が起きてしまう可能性が全く無いとは言い切れません。

 

家族や周りの人たちは、、このような自傷行為を目の当たりにすると、大きなショックを受けて心配します。しかし、大切なことは、自傷行為をするに至った気持ちを、しっかりと理解してあげることです。

 

自傷行為は、患者さんからの「助けて」のサインだと、しっかりと認識に、真剣に向き合ってあげることが大切です。


自傷行為への対応と理解が重要関連ページ

パニック障害の人と接する場合は、理解と支えが必要です
家族や近い人にパニック障害の患者がいる場合は、しっかりとした病気への
知識を身に付けて接する必要があります。接し方によってパニック障害の経過が
変わってくるので、基本的な知識は身に付けるようにしましょう。
パニック障害の人への対応で心がけること
パニック障害の人への対応で心がけることはどのようなことでしょうか。パニック障害の人が治療の際に行う療養生活は、身近な周りの人たちや、家族の接し方によって、大きく方向が左右されてしまいます。
パニック障害の行動で困った時の対応
パニック障害の患者さんの行動で困った時の対応とは。
突然に衝動的な行動がおきたら
パニック障害の症状がある人は、長期にわたり、不安や恐怖にさらされていたことでの反動で、突拍子もない行動をしてしまうことがあります。
仕事で悩んでいる患者さんを支える
パニック障害の患者さんは「負けず嫌いの頑張り屋」が少なくありません。 仕事に集中してしまいすぎると、周りが見えなくなり自己制御ができなくなります。このような人の場合、心身共に休息を取る暇がないので、疲労やストレスが限界ギリギリまで溜まってしまい、発症することがあります。
女性のパニック障害に影響を与える
月経の時期が近づいてくると、体調や気分がすぐれなくなるのは良く起こることですが、その症状が強いときには、「月経前症候群」といわれます。そしてこれは女性のパニック障害にも影響を与えます。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧