脳機能や心の変化は体調にも影響

このエントリーをはてなブックマークに追加 

脳機能や心の変化は体調にも影響

うつ病の代表的な身体症状

うつ病の身体症状
  • 食べれない、眠れない、食欲が出ない。
  • 症状がほぼ毎日、数週間続く。
  • 内科に行っても、体の病気が見つからない

 

脳機能や心の変化は体調にも影響

うつ病の人の中には、うつ病代表の症状である憂うつ感や意欲の低下はあまり表れず、身体に症状が強く出る人もいます。心の病気ではありますが、身体への症状も注視する必要があります。また、憂うつの症状がある人でも、それをうつ病の症状とは自覚することが出来ず、身体症状で異変に気がつく人もいます。そのためうつ病の身体症状を知っておくと、うつ病の早期発見に繋がります。

 

うつ病の身体症状として自覚しやすい症状は、睡眠障害です。
うつ病の人にはいろいろなタイプの不眠症が表れます。
その他には食欲不振、体重の減少などの症状も表れます。
これらの症状が長く続く場合はうつ病の可能性があるので、早めに病院へ行き、
検査を受けることが賢明です。

 

精神症状…意欲がもてなくなっていく

気力がどうしてもでない

精神症状…意欲がもてなくなっていく

誰にもで仕事や家事などの物事に他するやる気がでないことがあります。心身ともに健康な人は、必要最低限に行わないといけないことは、気力を振り絞れば行えます。しかし、うつ病の人の心は、気力そのものがなくなったような状態で、それさえもできなくなります。

 

自分ではわかってはいるが…

やる気がでない自分を責めて、このままではダメだと思っていますが、どうしてもやる気が出ずに、自分ではどうすることもできません。うつ病の人は、やる気がないのではなく、出そうとしても出てこない、それがうつ病の精神状態の特徴です。

脳機能や心の変化は体調にも影響関連ページ

うつ病にはいくつかの分類がある
うつ病といっても気分障害の一種です。
気分障害には色々な症状がありますのでそれを紹介します。
双極性障害や不安障害、糖尿病との関係
うつ病の診断を受けても、治療を進めるうちに、
診断名が変わったり、増えたりすることがあります。
新型うつ病は医学的に認められていない
従来のうつ病はきっかけがなく、仕事中も休暇中も抑うつ症状が出るため、
状態としては正反対です。 このケースを新型うつ病としているのは、主にマスコミです。
医科学的には、従来のうつ病か、うつ病ではない病気のどちらかになります。
元気の無い日が2週間以上続いたら要注意
元気の無い日が2周間以上続いたらうつ病の可能性があります。
代表的な症状を見逃さずに早期発見、早期治療を行いましょう。
うつ病にかかったら
うつ病は心の病気です。 気分がひどくふさいで、仕事や趣味をする意欲がなくなります。
日常生活のなかでよくある気分の落ち込みと違って、強いうつ病がほぼ毎日、続きます。
そんなうつ病に悩んでる方へ、チェック方法や改善方法などをご紹介します。

 
TOP パニック障害の診断とチェック 臨床心理士のお仕事 サプリメントで心を静める 記事一覧